新型コロナウイルスの感染予防対策として導入が進んだリモートワークですが、感染状況の落ち着きとともにオフィス勤務に戻す企業も増えています。しかし、短期間とはいえリモートワークに慣れたビジネスパーソンからは、戸惑いの声も聞こえているようです。

戸惑う在宅勤務とオフィス勤務の違い

リモートワークは準備期間もなくバタバタで導入した企業が目立ちましたが、緊急事態宣言解除とともに、これまたバタバタといきなりオフィス勤務に戻した企業も多かったようです。

オフィス勤務が復活したことに「これで通常通りの業務ができる」と喜ぶ声がある一方で、「満員電車での通勤が疲れる」「マイペースで仕事をすることができない」など、リモートワークとの働き方の違いに戸惑いの声も聞かれます。

確かに混みあった電車での通勤はある程度の時間がかかり、かなり体力も消耗します。リモートワークは通勤する必要がありませんから、時間の節約と体力を温存することもできます。

この働き方に慣れてしまうと、いかに通勤のために無駄な時間と体力を使っていたのかを実感するでしょう。また、リモートワークでは通勤に要していた時間を自分のために使うこともできます。それが出社となると、疲労だけでなく同僚や上司との接し方まで忘れてしまった人もいるようです。

オフィス勤務で気になるのが上司や同僚、部下の視線

コロナ禍で新社会人となった人は、入社式も新人研修もオンラインだったでしょうから、オフィス勤務が初めての経験のため戸惑うのも当然です。

ところがベテラン社員であっても、わずか1、2年のリモートワーク経験で享受した通勤のない楽な働き方に、体の方がすっかり馴染んでしまったのかもしれません。

また、満員電車での通勤は何度か経験すれば慣れてしまうでしょうが、そう簡単にいきそうもないのが、オフィスで上司や同僚、部下の視線を気にしながら業務に取り組まなければならないことです。

業績だけでなく勤務態度も人事評価に影響

オフィス勤務で周囲の視線を気にするのは「あいつ頑張っているな」「さすが目の付け所が違う」など、仕事ぶりを評価してもらえるからでしょう。とくに気になるのが人事評価にもつながる上司の視線ではないでしょうか。

人事評価は上司が部下の業績や仕事への取り組み姿勢、勤務態度などを総合的に査定するわけですが、その良し悪しが昇進や昇給に影響しますから、高く評価してもらえることを誰もが望むことでしょう。

公平に人事評価をするためには一人ひとりの行動を観察し、どこが優れどこが劣っているのかを見極めることが必要ですが、リモート環境下では、行動をどのように評価するのかが課題の一つとされています。

また、在宅勤務では与えられたノルマをスケジュール通りにこなしてさえいれば、勤務態度などは誤魔化すこともできました。しかし、オフィス勤務となればそうはいきません。一挙手一投足に上司、先輩、同僚、部下の視線が注がれているわけですから、働くということはなかなか大変なことのようです。

まとめ

在宅だろうとオフィスだろうと「勤務態度が変わるわけではない」というのが理想ですが、現実にオフィスで上司や先輩、同僚と顔を合わせて仕事をすると、ちょっとした表情や言葉遣い、態度によって、印象は大きく変わるものです。

好印象を与えるためには、状況に応じてどのように行動すべきかを考え、その状況にふさわしい的確な行動をとるべきでしょう。オフィス勤務に慣れるまでは、少し時間がかかるかもしれません。


マネジーお役立ち資料


従業員の本音を引き出す「eNPS」

「eNPS」とはどのようなものなのかご存知でしょうか?
eNPSを向上させる取り組みは、採⽤コストの削減や収益性の向上にもつながると考えられています。
ラフールサーベイオリジナルデータとの相関性と活用法を合わせてご紹介いたします。

提供元:株式会社ラフール

あなたの会社は大丈夫?チェックリスト付き 業績アップにつながるオープンな組織の作り方


あなたの会社の雰囲気は良いですか?こんな課題を抱えてはいませんか?
☐ 上司と部下との意思疎通ができていない様子をよく見かける
☐ 社員との意思疎通がうまくいかないことがあり、困っている
☐ 社員が、迷ったり戸惑ったりなにやら不満そうな様子だ
☐ チーム内で、お互いの仕事量や質が把握できていない
☐ 最低限の挨拶と連絡だけで、一日中ほとんど会話がない
☐ ミーティングをしても意見の公開がほとんどできていない

解決のカギは「オープネス」にあるのです!
本書では、「雰囲気」を改善するカギである「オープネス」とは?について解説します。
ぜひご一読ください。

提供元:株式会社サイダス

※各記事の掲載日時点の情報です。最新の情報につきましては記事内のリンク先の最新版をご覧いただくか、ご自身で検索頂きますようお願い致します。

table.news_table td{ padding-bottom: 4rem; }