2022年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられる。さて、その世代の若者たちは、今どのようなことに悩んでいるのだろうか。

CCCマーケティング株式会社が実施した全国の18歳〜20歳600人対象の「若者のライフスタイル調査」* によると、悩みの1位に挙げられたのは「今後の未来のこと」(48.0%)で、2位が「お金のこと」(47.2%)、3位が「仕事・就職のこと」(39.2%)だった。

調査方法 インターネット

調査期間  2021年12月17日〜12月23日

調査対象 全国の18〜20歳の男女 600名(T会員)

また、57.5%が「コロナが将来に影響を及ぼした」と回答していることが明らかになった。

ちなみに、この18歳から20歳は、総務省統計局の「日本の統計2021・年齢各歳別人口」によると、ざっと169万人である。日本の未来を担う世代の多くが「今後の未来」や「お金」に悩んでいるということは、日本の将来に不安を抱かせるものだ。

さて、この若者世代が、2022年に積極的に取り組みたいこととして挙げた1位は「趣味」で、2位が「学問」、3位が「アルバイト」で、プライベートをより重視する傾向が強くなっていることがうかがえる。

この世代が、いずれ社会人となるが、就職先としては4割が大手企業を希望し、理想の職場には「人間関係が良い」を7割が挙げ、「賃金が高い」、「有給休暇が取りやすい」を挙げる若者もほぼ半数だった。

一方、リモートワークの普及に伴い、生まれ故郷の地元や地方に居住することも可能な状況が拡大している。将来は「地元に住みたい」が5割で、地方在住者の5割が「地元に住み続ける」と回答している。

この調査結果から、18歳から20歳の世代は、「自分の好きなことや興味のあることに囲まれた豊かで楽な生活スタイル」を希望していることがわかったが、このような意識を持っている若者たちが数年後には入社してくることになる。

人事や研修担当者は、それらを理解したうえで、今から採用戦略や研修プログラムの準備をしておいた方がよさそうだ。