簿記はスキル・キャリアアップに活かせる最強資格

目次本記事の内容

簿記資格はコスパ最強!

簿記資格は比較的受験料が安く、取得後のメリットが大きいことから“コスパ最強資格”と言われることが多いです。 特に経理職や財務職は、業務の土台となる知識を習得できるため、会計領域では資格の取得を求められるケースが多いです。
会計分野の業務だけでなく、投資の際や日常生活でも知識が活かせるので、簿記は取得メリットが多い資格として評価されています。

簿記2級の位置づけや近年の傾向

簿記2級を取得していれば会計領域では十分戦えますが、直近5年の平均合格率が18.8%程度であるからも、簡単に取得できる資格でないことがわかります。 一般的に、簿記2級取得のためには150時間〜250時間程度と言われていますので、受験日から逆算して計画的に勉強していきましょう。 そのために通勤講座や予備校を活用する方法も効果的です。

会計領域で活躍するなら簿記2級以上の取得がおすすめ!

経理・財務で働く方にとって、簿記で学ぶ基礎知識は非常に重要です。 知識の向上だけでなく、社内評価が向上することで昇給・昇格が狙えたり、税理士や公認会計士などの士業資格を取得する際の土台をつくることもできます。 これから会計領域へのキャリアチェンジを希望する方は、簿記2級以上の保有有無によって、応募できる求人数が大きく異なりますので、まだ取得にいたっていない場合は是非挑戦してみてください。

簿記1級はやめとけと言われる理由とその誤解

簿記1級は、会計や経理の専門知識を深める高度な資格ですが、「簿記1級はやめとけ」というアドバイスが聞かれることがあります。この意見の背景には、試験の高い難易度と大きな学習負担、実務での直接的な必要性の乏しさ、即効性の低さ、および代替資格の存在があります。しかし、長期的な視野で見れば、簿記1級は大企業や上場企業でのキャリアを目指す者にとって大きな価値があります。

簿記1級があればキャリアの可能性が広がる

簿記1級を取得することは経理担当者にとって多大なメリットをもたらします。この資格は、複雑な財務諸表の作成、高度な会計処理、税法に関する深い知識を提供し、経理業務の質を格段に向上させます。また、専門性の高い知識は大企業や上場企業で求められることが多く、キャリアアップや昇進の可能性を広げることもできます。さらに、専門的なスキルが評価されることで、給与面での改善も期待できるため、長期的なキャリア形成において重要な資格となります。

簿記資格と公認会計士との関連性

公認会計士にとって簿記資格は必須ではありませんが、関連する知識を強化し、基礎を固めるために有益です。簿記資格を持つことで、会計の基本原則や財務諸表の理解が深まり、試験準備にも役立ちます。ただし、公認会計士の試験は簿記資格よりもはるかに高度で幅広い内容をカバーしているため、簿記資格だけで十分とは言えません。簿記資格は、会計業界でのキャリアをスタートさせるための良いステップとなります。

新型コロナウイルス以降はネット試験も開始!

簿記のネット試験は従来の筆記試験と比較して、場所や時間の制約が少ない利点があります。申込方法は、試験を実施する団体のウェブサイトからオンラインで行えます。注意点としては、安定したインターネット接続と試験に適した環境の確保が必須です。


※簿記検定試験のネット試験(2級・3級)の施行休止期間が発表されているため、注意が必要です※


経理財務限定!業務に役立つ資料を無料プレゼント

経理財務限定!業務に役立つ資料を無料プレゼント

業務過多や属人化などの課題を解決する資料から経費精算の効率化など業務に役立つ資料をプレゼント。また法令関係など正しく理解しておきたい方に向けた資料もご用意しております。
すべて無料でダウンロードできます。