人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第17弾「ヒーリングっど プリキュア」の第34話「わたしがライバル!? ちゆの求めたツバサ」が11月29日、放送される。

 陸上競技大会に出場した沢泉ちゆ(キュアフォンテーヌ)は、西中の選手・高美ツバサを破り、大会記録を更新して優勝する。その後、陸上雑誌からちゆに取材依頼があり、ツバサと一緒に取り上げられることになる。取材後、もうすぐ海外に引っ越すというツバサは、ライバルと認めるちゆに「世界の大会で会える日が楽しみ」と話す。しかし、ちゆは世界を目指してハイジャンプを続けることまでは考えていなかった。落胆したツバサは、ちゆのハイジャンプは「お遊びだ」と告げ、去っていく。

 ツバサに突きつけられた言葉に戸惑うちゆだったが、花寺のどか(キュアグレース)たちの応援も受け、ハイジャンプを始めた頃のことを振り返り、自分の記録をさらに超えようと練習する。湧き上がる思いをツバサに伝えようと西中を訪ねるが、ツバサは去った後だった。ちゆはツバサを追って駆け出す。

 「ヒーリングっど プリキュア」のモチーフは「地球のお医者さん」。花寺のどかたちが“地球のお医者さん見習い”のヒーリングアニマルと出会い、プリキュアに変身し、ビョーゲンズに立ち向かう姿を描く。毎週日曜午前8時半に放送。