テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012〜20年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。<四大天使>の一人のタルミエル役の鶴岡聡さんは、アフレコで「歴戦の猛者たちの中にいきなり突入していく」ことが挑戦になったという。鶴岡さんに作品、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇太さとしなやかさのバランスの取り方に苦労

 −−作品やキャラクターの魅力は?

 恥ずかしながらタイトルしか存じ上げませんでした。しかし、画の可愛らしさとはかけ離れた壮絶なタイミングでの参加でしたので、非常に驚いたことを覚えています。一度だけ3つの顔の全てに声を当てたことがあったのですが、とても楽しかったです。

 −−演じる中で意識していることは?

 あくまでも言葉遣いが丁寧なキャラクターであることを忘れないように心がけていました。余韻が柔らかくなりすぎるとタルミエルから離れてしまうので、太さとしなやかさのバランスの取り方に苦労しました。

 −−演じる中で変化は?

 作品に参加してあまり間もなく、新参者ですので、むしろ変わらないようにしました。

 ◇残飯長の行く末を見守りたい

 −−声優陣のチームワークは?

 まだ全員参加で収録していた頃、とても会話が弾み、和やかな座組だと思いました。やはり積み重ねた時間が大きいのだと思います。話題を出し、会話を組み立て、ボケたりツっこんだりと、役回りもしっかりしていて、思わず笑ってしまうこともありました。

 −−「七つの大罪」ならではの挑戦は?

 何しろ歴戦の猛者たちの中にいきなり突入していくわけですから、長く続いている作品の歴史の中に入り込んでいくこと自体が挑戦なのかも知れません。

 −−最終章の見どころは?

 最終局面に向かってさまざまな事柄や心情が絡み合い、エスカレートしていくこと必至。誰の目線でご覧になるかで大きく変わることでしょう。僕は特に残飯長(ホーク)の行く末を見守りたいと思います。