声優の花江夏樹さんが6月12日、東京都内で行われた、お笑いタレントの明石家さんまさんが企画・プロデュースした劇場版アニメ「漁港の肉子ちゃん」の公開記念舞台あいさつに、さんまさんらと登場した。今作で演じた二宮との共通点を聞かれ、花江さんは自身もプライベートでは声が小さい方だと明かし「やりやすかった」とアフレコを振り返ると、さんまさんから「プロデューサーとしては炭治郎(たんじろう)でやってほしかった」と人気アニメ『鬼滅の刃』で花江さんが演じた役名の“リクエスト”が。花江さんが「この世界には全然合わないですよ(笑い)」と冷静に応じるも、「合わなくても炭治郎でやってほしかった」とさんまさんは最期まで食い下がっていた。

 そんなさんまさんだが、お笑いユニット「おいでやすこが」のこがけんさんから「映画でプロデューサーが前に出る映画は絶対面白くない」という持論を聞かされたことを明かし、「今日は控えめにいかせていただきます。これからこういう機会があったら『さんまさん、控えるように』とこがけんから強く言われていますので、プロデューサーらしく振る舞いたい」と宣言。しかし、その後も率先してトークを進める“通常運転”ぶりで、会場を沸かせた。

 「漁港の肉子ちゃん」は、直木賞作家の西加奈子さんの小説が原作。漁港の船に住む母娘、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く。アニメは「海獣の子供」などの渡辺さんが監督を務め、「鉄コン筋クリート」「海獣の子供」などのSTUDIO4℃が製作する。主人公・肉子ちゃんを女優の大竹しのぶさんが演じたことも話題となっている。

完成報告会には木村拓哉さんと工藤静香さんの長女で、モデル、フルート奏者のCocomiさん、声優の下野紘さん、石井いづみさん、渡辺歩監督も出席した。