夏井先生「あなたみたいな真面目な人好きです」に千原ジュニア赤面照れまくり

7月18日放送の「プレバト!!」で、特待生・名人だけの夏の俳句タイトル戦「炎帝戦」の予選が行われ、Kis-My-Ft2・千賀健永(1位)、千原ジュニア(2位)、皆藤愛子(3位)の特待生3人が決勝進出を決めた。先に皆藤と千賀が勝ち抜け、最後の1枠を“渋滞と花火”の句で勝ち取ったジュニアを夏井先生が「コツコツ学んでいる。あなたみたいな真面目な人好きです!」と大絶賛。まさかのラブコール(?)に、ジュニアは「左足で書きました」と大ウソをついて照れまくった。

3位通過・皆藤愛子、タイトル戦初出場で快挙!

今大会には名人5人と特待生9人の総勢14人が参戦。名人が待ち構える決勝進出3枠を争う予選はKis-My-Ft2・千賀健永(1級)、NON STYLE・石田明(1級)、千原ジュニア(1級)、立川志らく(1級)、松岡充(2級)、ミッツ・マングローブ(3級)、Kis-My-Ft2・北山宏光(5級)、皆藤愛子(5級)、パックン(5級)の特待生9人が激突。「打ち上げ花火」をお題に、俳人夏井いつき先生が「丁寧に基本を押さえた句や難しい技に挑戦しているとか、かなり意欲的なものが並んでいます」と舌を巻くハイレベルな争いとなる。

そんな中、MCの浜田雅功からいきなり予選突破となる第3位が発表され、波乱の幕開けにスタジオが騒然となる。

<第3位 予選通過>
ラムネ瓶浮かぶ未明の五行川
         皆藤愛子

5級からの下克上を果たし、大喜びの皆藤は「よく栃木の五行川で行われる花火大会に行っていたのですが、終わった翌日に川にラムネ瓶が浮かんでいて、静けさが戻ってきた様子を詠みました」

しかし梅沢は「この俳句の一番ダメなところは"五行川"。そこで花火大会があるって、誰が分かる?」とイチャもんをつけ、フルポン村上が「僕は"五行川"こそ良いと思うな」と反論。思わぬ場外戦が勃発するが、夏井先生は「面白い言い合いでした。この句の大事なポイントを2人がやかましく言い合ってくれた」と楽しそうな表情に。

先生は「"ラムネ瓶"という物、"未明"という時間、"五行川"という場所が出てくる。特に未明という時間が入ることで、ラムネ瓶と川の光の陰影が見える。とても丁寧に作れている」と高く評価。そして「問題は"五行川"を認めるかどうか。字面が何かの効果をもたらす時は得なんですが、これは微妙。"ごぎょう"の3音を別に使うと、川の様子をもう少し映像化できる」と添削に着手する。

<添削後>
ラムネ瓶浮かぶ未明の川しづか

「さっきご本人から『静けさ』という言葉がありました。こうすればラムネ瓶がぽこんと平たく浮いている感じが出せる。3音の可能性を突き詰めると、さらに上位が見えてきます」という先生の劇的添削に皆藤は大満足の様子だった。

キスマイ千賀、ホームラン級の句を詠み1位通過で決勝へ!

続いて、石田が「粒になるまでみとどける菊花火」で5位、パックンが「新宿の杜を球音夏の星」で6位、松岡が「涼風や火薬のにほい流れ髪」で7位。ここで早くも1位が発表されることになり、「今、1位見るんですか?」「こんなパターン初めてじゃん」とスタジオが騒然となる中、名前が呼ばれたのはなんとキスマイ千賀。「嘘? やったぜー!」と飛び跳ねて喜びを爆発させる千賀に対し、キスマイメンバーとして負けられない北山は「あいつ自信ないって言ってたのに...。残り1枠しかないじゃん」と焦りまくる。

<第1位 予選通過>
黒き地の正体は海揚花火
     Kis-My-Ft2・千賀健永

「江の島の花火大会を見に行った時に、花火が上がる前の海を見ると真っ黒なんですよ。花火がパッと上がった時に、アッここは海だったんだ」

キスマイメンバーの名人4段・横尾渉は「さすがですね! 17音で明暗のコントラストを見せるのがスゴい!」と千賀の会心の一句を褒めたたえると、名人10段・東国原英夫は「時々、目の覚めるようなホームランを打つよね!」、梅沢も「これはスゴい!」と口々に絶賛。

夏井先生は「お見事な句だと思います。いきなり"黒き地"。読んでいくと"正体は海"。どういう意味かと思った瞬間に季語"揚花火"が鮮やかに出てくる。実体験だとお聞きして、なるほどと思いました。」。さらに、「もうちょっと褒めさせてもらうと、"地"と"海"という2つの大きな言葉を入れながら、両方とも生きている。横尾さんもおっしゃったように明暗もはっきりと言えていて、花火が上がってきた瞬間に正体が海だと分かる。作者の眼球が体験したことをそのまま言葉にできているから、読んだ人の眼球の中でそのまま再生される。これは褒めましょう!」と惜しみない賛辞を贈った。

「コツコツ真面目」がバレたジュニア、キャラぶれに大慌て

そして、ミッツが「いたずらな背に女王花の爪の跡」で8位、志らくが「花火果て襟裳の朱華き灯火かな」で4位となり予選通過はならず。最後は「1級に恥じない結果を出したい」と意地を見せたいジュニア、「この俳句ができた時に奇跡が起きたと思った」とキスマイ3人そろっての決勝に自信を見せるキスマイ北山の一騎打ちに。軍配が上がったジュニアが「うおっしゃー!」と立ち上がって歓喜のガッツポーズを決める。

<第2位 予選通過>
渋滞や花火の映るボンネット
        千原ジュニア

これで4回連続予選突破となるジュニアは「ナナハン(750ccバイク)降りて車乗ってみたんです」と得意のナナハン俳句を封印したことを明かし、スタジオは大爆笑。「(神宮外苑花火大会の日は)外苑東通りが混むんですよ。花火は見えないけどボンネットには映っている」と実体験をストレートに詠んだことを告白。名人10段・FUJIWARA藤本敏史が「子供も生まれて、チャイルドシートを乗っけて車を運転しているジュニアが思い浮かびます」と冷やかすと、ジュニアが「箱乗りや!」と照れ隠しで強がる場面も。

夏井先生は「丁寧に押さえて作っていると思います。渋滞のボンネットに映り込む花火が見えているのかと、光景が一気に完成します」と称賛。さらに、「"映る"は説明の言葉になりがちですが、この句の場合は映像の言葉として使えている。過去にA.B.C-Zの河合郁人さんの句(「百本ノック蛇口に映る夏の空」)の時にも同じ解説をしましたが、それを学んでこれを実験的にやったのなら、本当に丁寧にコツコツ真面目にやる男ですね」と感心しきり。

真面目と言われて恥ずかしいジュニアは「違いますよ! 左足で書きました」と破天荒キャラを主張したが、先生は「私、あなたみたいな真面目な人好きです!」とまさかの告白。ジュニアは顔を真っ赤にして「違う、違う! 両ヒジついて飯食いますから!」と最後まで悪ぶっていた。

<2019炎帝戦 予選 結果発表>
第1位 千賀健永(Kis-My-Ft2)
第2位 千原ジュニア
第3位 皆藤愛子 ・・・以上は決勝進出
第4位 立川志らく
第5位 石田明(NON STYLE)
第6位 パックン
第7位 松岡充
第8位 ミッツ・マングローブ
最下位 北山宏光(Kis-My-Ft2)

     ◇

次回はいよいよ炎帝戦の決勝!夏井先生からのハイレベルなお題は・・・

【動画】夏井いつき先生によるみどころはこちら

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。
https://www.mbs.jp/p-battle/


システム上の都合により、本記事内の外部リンクは機能を停止しております。
詳細は毎日放送の公式サイト(https://www.mbs.jp/)でご確認ください。


関連記事

MBSコラムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索