11月28日放送の「月曜の蛙、大海を知る。」は、人気モデルのヨンア、近藤千尋、辻元舞の3人がファッション誌「VERY」掲載をかけて、ママの年末年始コーディネートを匿名で考案。センスを酷評されれば、仕事にも影響が及びかねない禁断企画で初の掲載決定を勝ち取れたのか?

指原莉乃と麒麟・川島明がMCを務める「月曜の蛙、大海を知る。」11月28日放送回は、人気モデルのヨンア、近藤千尋、辻元舞が人気ファッション誌「VERY」掲載をかけて、ママの年末年始コーディネートを匿名で考案する「超人気女性雑誌"VERY"のスタイリングを知る」に挑戦。

コーディネートするのは「12月16日 幼稚園のクリスマス会」「1月2日 義理の実家に帰省」の2つ。モデル3人は全員子供を持つママ。しかも、センスを酷評されれば、仕事に影響が及びかねない禁断の対決。

数々の有名ファッション誌の誌面を飾るカリスマモデル・ヨンアは「常に洋服のことを考えているんです。絶対勝ちたい!」。VERYでも活躍するフォロワー350万人モデル・近藤は「読者さんに寄り添って、毎日コーディネートをSNSでアップしているので、絶対に負けられない!」、VERYのレギュラーモデルを5年間務める辻元も「ファッション誌にモデルとして出たのはVERYが初めて。1000着以上着ているので、感覚が染みついている!」とバチバチ。しかし、3人の前に「読者がマネしたいスタイリスト1位」に選ばれ、スタイルブックまで出版している最強のスタイリスト・竹村はま子が立ちはだかる...。

1回戦 幼稚園のクリスマス会

まず、屈辱の不採用1人目は近藤。VERY編集の引田沙羅さんは「内輪のパーティーだったら、かわいいしキュンとくるけど、幼稚園ではやんちゃと言うか、若いママだと思っちゃう」とバッサリ。近藤は「バレてる! 私、幼稚園でも結構浮くんですよ...」と苦笑い。

不採用2人目はヨンア。編集・引田さんが「モコモコが過剰。子供のクリスマス会で爪痕を残したいお母さんみたい」とダメ出しすると、ヨンアは「あー、泣いちゃう...」とガックリ。

辻元は最終候補まで残ったが、軍配が上がったのは最強スタイリスト・竹村。編集・引田さんの「惜しい。バッグが違っていたら、もっとせめぎ合っていたかも」という言葉を聞いた辻元は「うわ〜。あっちにしておけば良かった...」と後悔。

2回戦 義理の実家に帰省

1回戦は実力派モデルがプロに完敗し、スタジオの川島は「この企画、プロのスタイリストが強すぎるんですよね...」、ハリセンボン・近藤春菜も「プロですからね。それで飯食ってますから」と諦めムード。しかし、2回戦は誰が選ばれてもおかしくない激戦に。

惜しくも近藤とヨンアが脱落したが、ラストは再び辻元と竹村が激突。そして、スタジオで掲載コーデの入った封筒を開けた指原は「なんと辻元さん!」。まさかの展開に川島は「すごいことよ! すごいこと起こった!」と絶叫、有岡大貴も「勝った!」と大興奮。

実は僅差の大接戦で、編集・引田さんは最強スタイリスト・竹村のコーデを「ブラウンは今年のトレンド。このパープルの配色も素敵なんです」と高く評価。しかし、辻元のコーデはそれを上回り、「アクティブにいい動きをしてくれそうだし、ベーシックカラーで不快感を与えようがない。おしゃれなんだけど、おしゃれをしてきた感を感じさせない!」と大絶賛。

見事に掲載を勝ち取った辻元は「めっちゃ鳥肌立った! すごい!」「VERYに出続けて、やっぱり自分の中に入っていたんだな。うれしいです!」と奇跡の勝利に感極まっていた。

12月5日21:59まで
TVerで見逃し配信中!!!

【予告動画はこちら】

次回は12月5日月曜の蛙の挑戦は、ゴーゴーカレーです!


システム上の都合により、本記事内の外部リンクは機能を停止しております。
詳細は毎日放送の公式サイト(https://www.mbs.jp/)でご確認ください。