田中圭が駆けつける スキマスイッチ「Mステ」で「おっさんずラブ」主題歌披露

田中圭が駆けつける スキマスイッチ「Mステ」で「おっさんずラブ」主題歌披露

【モデルプレス=2019/08/23】スキマスイッチが、23日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」(よる8時〜)に出演し、『劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜』(8月23日公開)の主題歌『Revival』を披露する。スタジオには、主演・田中圭が応援に駆けつける。

◆田中圭が駆けつける スキマスイッチ『Revival』披露

2018年新語・流行語大賞トップ10に輝き、ツイッターでも世界トレンド1位を獲得した『おっさんずラブ』。まさに日本を席巻したドラマの主題歌として、スキマスイッチの『Revival』は昨年ヒット。

同曲について、「最初はアルバムの一曲として書いたこの曲が気に入ってもらえて主題歌に大抜擢されて、僕らももちろん驚いていますが、楽曲自身も驚いていると思います」と大橋卓弥。常田真太郎も「『Revival』がドラマの制作陣の皆さまに気に入っていただけたところからストーリーが始まり、今やライブのセットリストの重要な場所に置かれるまでの楽曲に成長したことは僕らにとってもとても大きなことでした」と感慨深い様子で語る。

今回、田中がスタジオに駆けつけることについて、プライベートでも親交の深いスキマスイッチのふたりは、喜びを隠しきれないよう。

大橋は田中とのエピソードを「『おっさんずラブ』をきっかけにプライベートでも仲良くしていただいています。あらためて作品を見てみると、人柄がそのままお芝居に出ているなぁ、としみじみ…。チーム一丸となって作品を作るというのはこういうことなんだ、と教えてもらった気がします」と話し、常田も「10年以上も前にMVに出演してもらった圭くんと、僕がサントラを担当させてもらった映画で主演を務めた(林)遣都くんとこうしてもう一度ご一緒出来るのは本当にうれしかったです」と明かした。

◆若者が驚いた“歌う俳優”の歌声とは?

このほか、VTR企画では、「10代・20代が歌声に驚いた俳優ランキング」を発表。若者が驚いた“歌う俳優”の歌声とは?

ランキングは20世紀編・21世紀編とわけ、あの大物俳優から今話題の若手俳優まで…その歌声と共に名曲の数々を振り返る。

◆Hey! Say! JUMP、GENERATIONSら登場

さらに、CHEMISTRYが約半年ぶりに登場。夏の名曲『Pointof No Return』のほか、CHEMISTRYにとって10年ぶりのドラマ主題歌となっている最新曲『Angel』も歌唱。

サカナクションはテレビ初披露の新曲『モス』を。この日のために特別に準備された特設Xスタジオからの中継パフォーマンスとなる。

そして、GENERATIONS from EXILE TRIBEは、記念すべき20枚目のシングル『DREAMERS』を披露。Hey! Say! JUMPは、山田涼介主演の金曜ナイトドラマ『セミオトコ』の主題歌『ファンファーレ!』をテレビ初披露する。

また、miletが初登場。今年デビューしたばかりの注目シンガーソングライターが、話題のドラマ主題歌『us』をパフォーマンスする。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索