「撮り鉄」マナー違反が社会問題に

「鉄道趣味」と聞いて、読者の皆さんは何を想像するだろうか。

 鉄道趣味と一口に言っても、いくつものジャンルに分かれており、その趣味人口は非常に大きい。近年は、それぞれのジャンルごとに「〇〇鉄」などと呼ばれ、固有名詞のようにもなっている。

 また、かつては男性中心の趣味であったが、最近は鉄道が好きな女子も増えてきており、世代や性別の垣根を超え、老若男女問わず幅広い人たちに浸透しつつある。

 しかし一方で、増加する趣味人口に比例して、マナーの問題がクローズアップされるようになってきた。

 とりわけ「撮り鉄」と呼ばれる、列車を追いかけて撮影する人たちの中には、眉をひそめたくなるような常軌を逸した行動に出る人たちが目立つようになり、世間からの風当たりが強くなってきた印象を受ける。

 実際、駅で撮影の邪魔になるからと大声で乗客に向かって罵声を浴びせたり、線路へ侵入したり、踏切や信号機によじ登ったりといった状況で、いずれは鉄道の撮影禁止になるのでは、と危惧している。

 そのような、決してあまり印象が良いとは言えない鉄道趣味ではあるが、海外の様子はどうなのだろうか。

「鉄道オタク」は金が掛かる

 そもそも、鉄道趣味というのは非常にお金が掛かるものだ。

 写真を撮影するためにはカメラが必要だから、まずカメラが買えなければお話にならないし、列車に乗車して旅するためには運賃を払わなければならないが、これも決して安いわけではない。

 鉄道模型は欲しい車両を買おうと思えば、簡単に万単位のお金に羽が生えるし、物によっては乗用車が買えるほどの高額な製品まである。「鉄道とは金を失う道」とはよく言ったものだ。

 裏を返せば、鉄道趣味が一般的となっている国々は、いずれも豊かな国ばかりだということだ。日本はもちろんのことだが、海外で鉄道趣味が広く浸透している国と言えばアメリカ、イギリス、ドイツ、スイスなど、いずれも経済的に豊かな先進国ばかりである。

 逆に鉄道趣味がそれほど浸透していない国というのは、まだ発展途上の国か、一般人が鉄道に深く関わりを持てない国、例えば列車を撮影してはいけない国など、趣味として鉄道に触れる機会がない国だ。

 自由な世の中となりつつある現代において、分かりやすい例を挙げて説明するならば、例えば物好きな外国人以外で、北朝鮮の国民が自国の鉄道を撮影できるだろうか。

 カメラを持つのも制限されるだろうし、鉄道に向かって撮影していたらスパイ容疑で逮捕されるかもしれない。

 例が極端すぎるというなら、社会主義時代の東欧やロシアという例もある。これらの国々では、鉄道を撮影すればスパイ容疑で拘束され、カメラが没収されたという話は耳にたこができるほど聞かされた。

日本の「撮り鉄」のイメージ(画像:写真AC)

「鉄道趣味」とは豊さの証拠

 もっと言えば、戦時中の日本でも鉄道の写真を趣味として撮影するのはなかなか難しかったと聞く。

 今では撮影禁止という国もだいぶ減ってはきたが、鉄道は戦争や国防といった軍に深い関わりを持つインフラでもあるため、原則的には撮影禁止という規則が残る国も珍しくはない。

 ともあれ、かつては社会主義国だった中欧諸国は、まだ鉄道趣味の歴史が浅い国々と言える。

 最近はかなり増えてきているが、それでもドイツなど周辺国と比べると少ない方で、それは駅や沿線で見かけるアマチュアカメラマンの数や、発売される模型の種類や数といった、鉄道趣味に直接関わる部分を見ると一目瞭然である。

 最近は、特に若い世代を中心に鉄道趣味に高じる人が増えてきているようで、つまり経済的にも豊かになってきた証でもあるのだ。

 ただし、中欧諸国で見かける鉄道ファンのうち、その何割かは外国人と思われる。鉄道イベントを訪れると、聞こえてくるのはドイツ語やフランス語ということも多い。自分の国の車両に飽きた人たちが、中欧や東欧の珍しい車両などを見に来るというのは自然な流れだ。

 中欧諸国に鉄道ファンが多いもうひとつの理由は、西側では失われつつある古い鉄道システムがまだ残っていることもあるだろう。

鉄道模型は決して安いものではないため、ある程度お金に余裕が無いと楽しめない(画像:橋爪智之)

手軽に始められる鉄道趣味とは

 例えば、今では電車タイプの高速列車が増え、昔ながらの機関車が牽引(けんいん)する客車というのは減少傾向にあるが、中欧にはまだ多くの客車が残っている。

 客車列車には、電車にはない独特な趣や風情があり、電車と違って完全に固定された編成ではなく、色や形が混じった編成があるなど、マニア心をくすぐる要素が多い。

 貧富の差と申したが、例えばスイスの鉄道ファンの持っているカメラ機材などは、中欧あたりで撮影している地元の中高生のものとは比べ物にならないほど高級だ。模型の値段も、スイス型というだけで驚くほど高いし、裕福な国は違う。

 最後に、英国で今も流行している鉄道ファン活動を紹介しよう。

 有名な「トレインスポッター」とは、ノートに今自分が目撃した車両編成をひたすら記録するだけというもの。鉛筆とノートがあれば今すぐにでも始められる手軽さが受けて、今日も老若男女問わず多くのトレインスポッターが活動しているのだ。