ロリポップレディって何者?

「ロリポップレディ」と呼ばれる人たちをご存じだろうか。ロリポップとは、長い棒の先にアメが付いた菓子、いわゆるペロペロキャンディのことだ。ロリポップレディというのは、豪州などの英語圏の国々で、ある職業についている女性を指す。男性の場合は「ロリポップマン」。彼らがまるで巨大なペロペロキャンディを手にしているように見えることからついた愛称だ。

 彼らが手にする等身大ほどの巨大なペロペロキャンディ――に似ているもの、それは

「道路交通標識」

だ。通常は道路わきに恒久的に設置されている道路標識と違い、ロリポップレディやロリーポップマンたちは、必要な場所で必要な時に「STOP(止まれ)」などと書かれた標識を持って道路に立ち、通行人や車に示すという、いわば

「人力の可動式道路標識」

なのだ。スクールゾーンで交通整理をするいわゆる

・緑のおばさん
・緑のおじさん

のような仕事、というとわかりやすいかもしれない。違いは、緑のおばさんたちがボランティアであるのに対し、ロリポップレディたちは、きちんと雇われ、対価を支払われて仕事をしている点だ。

 正確には

「クロッシングガード = 交通整理員」

と呼ばれ、工事現場などで作業灯を手に車や通行人を誘導する警備員に近い仕事だが、豪州のロリポップレディたちは、教師や看護師以上の高給取りなのだという。

日本の緑のおばさんのイメージ(画像:写真AC)

豪州のロリポップレディのバイト代

 豪州のロリポップレディが信じがたい金額を稼いでいると一躍脚光を浴びたのは、シドニーのある若い女性が「1週間で3000ドル稼いだ」とSNSで投稿したことがきっかけだ。3000豪ドルといえば、現在のレート(1ドル = 103円、2024年5月12日時点)で

「30万円」

を超える。月給ではない、“週給”だ。

 彼女は、ロリポップレディの仕事に従事したある一週間の成果を動画サイトに投稿したのだが、それが仰天の稼ぎっぷりなのだ。

 日当は勤務時間の長さによって変動するものの、彼女の1日の稼ぎは平均で500ドル前後(約5万円)であり、週6日働いて約3000ドル(約30万円)をゲットしたわけだ。たった15分しか勤務しなかった日でも148ドル(約1万5000円)もの日給を手にしている。一番稼いだ日は日給727ドル(約7万5000円)にのぼる。

 例えば、日本人が時給1500円で週6日1日8時間働いたとしよう。それでも合計の週給は7万2000円だ。ギリ負けているではないか。

 彼女の投稿は「そんなバカな」「ぼったくりじゃないのか」と炎上したが、その本音は悔しさや羨望(せんぼう)だったようだ。その投稿をきっかけに、「実は私もこれだけ稼いでいる」という投稿が相次ぎ、豪州のロリポップレディは稼げると参入者も増えた。なかには、自分は教師だったがこっちの方が稼げるので、教師を辞めてロリポップレディに転職したという人まで出てきた。

 ロリポップレディのこのおいしい話は、本当だったのだろうか。

豪州の歩道(画像:写真AC)

世界各国の交通整理バイト事情

 日本における同様の業務の実情はどうだろうか。2024年4月時点での求人統計データを見てみると、交通誘導の正社員の平均年収は

「342万円」

バイトやパートの時給は平均で1100円にわずかに満たないのが現状だ。

 日本に住む日本人にとってそれは、「まあ、そんなものだろう」という数字だが、豪州のロリポップレディの衝撃的な稼ぎと比較するとあまりに違いすぎてびっくりする。物価や給与水準が違うので、他の英語圏の国の状況も見てみよう。

 米国では、「ロリポップレディ/マン」の年収は、基本給で

「約4万3000ドル(約660万円)」

だ。時給は大体20ドル(約3000円)前後だ。そこにボーナスや各種手当等を含めて5万ドル(約800万円)近くになるという。日本の倍以上だ。

 英国はどうだろう。英国の場合、年収は平均

「約2万3000ポンド(約440万円)」

時給で約12ポンド(約2300円)だ。そして、やはりここに手当やボーナスが付く。

 データのとり方が違うので、純粋な比較をするのは難しく、また仕事の性質や経験の有無などでも違いが生じると思われるが、おおむね米国よりは少し水準が低いと考えられる。日本の水準よりはやはり相当高い。

 そして、豪州。豪州のロリポップレディの年収は、

「6万5000から8万5000ドル(670万〜870万円)」

だ。時給換算は33ドル(約3500円)前後で、そこにさらにさまざまな手当が加算される。

・交通費
・食事手当
・長時間勤務手当
・退職手当

など各種の手厚い手当がある。

豪州の歩道(画像:写真AC)

結論・おいしい話には……

 ということで、「豪州のロリポップレディの仕事はおいしい」という結論でよいだろうか。おいしい仕事としての投稿でバズり、一躍脚光を浴びたロリポップレディのバイトだが、その後、同様にロリポップレディに関する投稿で大いにバズった投稿がもうひとつある。それは、その仕事の過酷さと安定性のなさにキレる女性の投稿だ。

 彼女は、きっかけとなった最初の投稿をした女性などロリポップレディの仕事をおいしく魅力的だと「あおった」人たちに対し、

「あなたたちの投稿に私はだまされた」
「なぜうそをつくの?」

と怒り心頭だった。“おいしい話には裏がある”のが世の常だ。高給を得ているというのは必ずしもうそではないが、実のところ、ロリポップレディの業務には、その高額の報酬に比例する「過酷さ」がついてくる。

 まずは、長時間の立ち仕事であること。前述のシドニーの女性が700ドル以上を稼ぎだした日、彼女は12時間も勤務をしている。そう。ロリポップレディは、炎天下でも吹雪でも大雨でも、どんな悪天候でも、土やほこりにまみれて路上に立ち続けなければならないのだ。

 そして、道路上に立つということは、常に危険と隣り合わせだ。いつ車が突っ込んでくるやもしれない。ひとつ間違えば自分や他人の命に関わるため、神経が休まらないことだろう。そのうえ、イライラしたドライバーから暴言を吐かれることも珍しくない。女性の場合は、通行人からセクハラ被害を受けることも日常茶飯事だという。

 しかも、仕事がコンスタントにあるかはそのときの状況に大きく左右され、自分ではコントロールができない。夜に翌朝からの仕事を突然依頼され、休みなく何日も働く羽目になることがあれば、またその逆に、仕事が何日もなく、ぱったり収入が途絶える危険もある。まるでギャンブルだ。つまり、「きつい、汚い、危険」のいわゆる3K労働に「不安定」が加わる厳しい仕事、それが現実なのだ。

 とはいえ、こういった仕事が過酷な3K労働であることは、どの国でもおなじだ。日本の交通整理だって雨の日も雪の日も危険な道路上での立ち仕事だ。しかし、だからこそ高額報酬があってしかるべきなのだ。それが実現できているのが豪州なのだといえる。

 では、そもそも豪州のロリポップレディたちは、どうしてそんな法外な給与を手にできるのだろうか。日本とは何が違うのだろうか。

豪州の歩道(画像:写真AC)

ロリポップレディの高額報酬の秘密

「だまされた」と投稿動画にキレていた女性は、これから高給職ロリポップレディの世界に脚を踏み入れようとする新規参入希望者に、「安易においしい話を信じてはいけない」と警鐘を鳴らしつつ、非常に貴重な助言を最後に残している。彼女は、

「やるなら労働組合契約で雇ってくれる事業者を選びなさい」

と述べていた。これはどういうことか。

 豪州には、CFMEU(Construction, Forestry and Maritime Employees Union)という労働組合組織が存在する。直訳すると「建設・林業・海事従業員組合」だ。

 CFMEUの契約である場合、EBA(Enterprise Bargeining Agreement = 企業交渉協約の略)というFair Work Act(フェアワーク法)に基づいて決められた労働者と雇用者の労働協定による規定が適用される。

 豪州のビクトリアでは、このCFMEUの組合契約に基づいて雇用された場合、30ドルほどの基本時給が最高で135ドルにまではねあがるのだそうだ。1日あたり47.40ドルの出張手当や27.83ドルの食事手当のほか、長期勤続手当や出張手当などなど、過酷な業務を手厚くしっかりとねぎらってくれる。

 しかし、こういった至れり尽くせりの待遇を享受できる組合系の仕事は少なく、なかなか見つからないのが現状らしい。「おいしい仕事」を手放すワーカーはいないだろうし、空席が出ないのだ。新規参入者には簡単に手に入らない。そして、そういった労働組合による労働賃金を上げる試みが、

「労働組合と非労働組合の仕事の間に格差を生んでいる」

という指摘もある。前述の女性がキレていたのはこの点だろう。それでも、世界的に見ると豪州のロリポップレディの給与水準は高い。人手不足という面も確かにあるが、こういった労働組合の働きかけが、ロリポップレディのようなきつい仕事の給与が全体的に底上げされる原動力になっているのかもしれない。

 日本では……起こりそうにない。