中高年も注目する新スタイル

 スキマ時間や好きなときに仕事ができる「スポットワーク」という働き方が増えている。タイミーなどの大手スポットワーク仲介業者が加盟しているスポットワーク協会の調べでは、スポットワーク仲介業に登録している人は2024年5月末で約2200万人。2024年3月末時点の登録者数は約1500万人であり、わずか2か月で700万人ほどの増加となっている。

 市場調査を行っている矢野経済研究所の調べによると、2021年度のスポットワーク仲介の市場規模は496億円であったのに対し、2023年度は824億円の見込みで、2年間でおよそ1.6倍に増加している。

 個人間のフリーマーケットサービスを提供しているメルカリもスポットワーク業界に参入し、「メルカリ ハロ」のブランドで事業展開を進めている。

 スポットワークで働く人が急増している理由は、タイミーやシェアフル、さらにはメルカリといった

・大手が全国的にサービスを広げたことによる認知度の上昇
・企業が副業を解禁していること

も要因として挙げられる。パーソル総合研究所が2023年に調査したデータによると副業を容認している企業の割合は半数を超える

「60.9%」

である。以前は正社員として雇用されればその会社で働くしかなかったが、副業が認められれば終業後や休日などに本業とは違う業界で働いてみたい、あるいは少しでも収入を増やしたいという人が増加しているのである。

「メルカリ ハロ」の登録者500万人のうち、約3分の1の32%が「会社員・団体職員」であるという。また、年代別では

・20代:30.4%
・30代:23.8%
・40代:20.3%
・50代以上:18.1%

となっており、40代以上が4割近くを占めている。自分の体調や都合に応じて働くことができるスポットワークは中高年にとっても魅力ある働き方と捉えている人が多いようである。

第三回 副業の実態・意識に関する定量調査(画像:パーソル総合研究所)

スポットワーカーが活躍する多様な職域

 スポットワーカーが働く現場は小売店舗、カフェやレストラン、フードデリバリーなど多岐にわたるが、そのなかで物流倉庫での職域も拡大している。

「メルカリ ハロ」で勤務実績のある業界で最も多いのは物流倉庫であり、以下

・スポーツジム/レジャー施設
・フードデリバリー/バイク便
・カフェ/喫茶店
・レストラン/専門料理店

の順となっている。筆者(田村隆一郎、経営コンサルタント)は以前タイミーの幹部から「当初は忙しい時間帯が限られる外食店舗などをターゲットに考えていた」という話を聞いたことがある。しかし、その後コロナ禍となったこともあり、

「物流業界に狙いをつけたら企業側、登録者側双方とも想定以上のニーズがあることがわかった」

と語っていた。

 物流倉庫の多くは人手が不足している。パート社員やアルバイトを募集しても希望の人数を充足させられないと嘆く倉庫管理者も多い。従来はどうしても人手が足りないときには

「人材派遣会社が紹介する派遣社員」

を活用することが多かった。しかし昨今は派遣社員に加え、スポットワーカーを活用する現場が増えている。派遣会社から紹介される派遣社員の場合、

「1日4時間以上の雇用が必要」

といったような契約上の縛りがある。スポットワーカーの場合は、雇用する側と働く側が合意すればそのような規定に制約されることなく自由に勤務時間を設定できる。

物流倉庫のイメージ(画像:写真AC)

作業の定型性にマッチ

 物流倉庫の現場は、日や時間によって業務量の差が大きいことが多い。季節的な要因以外にも曜日による繁閑、また1日のなかでも

・午前中に作業が集中する
・夕方から夜間に人手が多く要る

などといった時間帯ごとの繁閑もある。当然、繁忙期に合わせて正規雇用の社員やパートを雇い入れておくことはできない。必要最小限の人員を固定的に確保し、それを超えた人手については派遣社員やスポットワーカーを活用することになる。

 前述のとおり、スポットワーカーは派遣社員よりも勤務時間帯や勤務する日を柔軟に設定することができる。2〜3時間だけ、あるいは月末の特定曜日だけといったように人手が必要となるところにピンポイントで募集をかけることができる。

 さらに、必要な人数を前日、早ければその日に募集をすれば、その人員を集められるといった使い勝手のよさもある。

 物流倉庫で働くことを希望する側も、比較的作業が定型的で決められたことを行えばよい仕事のほうが働きやすいと考えている人が多い。過去に同じような作業をした経験があれば、慣れるまでそれほど時間がかからないということもあるだろう。また、

「接客があまり好きでなく、黙々と仕事をしたい」

という人たちも少なくない。

スポットワーク仲介サービス市場規模の推移(画像:矢野経済研究所)

スポットワーカーによる職場魅力化

 職場を選ぶ際、以前にその物流倉庫で働いた人たちのコメントを参考にして、

「働きやすそう」
「自分に向いていそう」

といった評価を事前に確認することができる。当然、仕事の教え方が雑であったり、乱暴な言葉遣いをしたりするリーダーがいる、あるいは休憩室が快適でないといった“悪い評価”をつけられた現場は登録者から避けられ、必要な人員を充足させることはできなくなる。たとえその日だけの勤務であったとしても、

「大切な従業員」

という姿勢で接しなくてはならない。そのため、物流倉庫の管理者としても、スポットワーカーを含めた作業者全員が働きやすい職場環境を作り上げることが今後より一層求められる。初めてその現場に来た人に対しては、作業の仕方や注意すべき点などを丁寧に説明し、またしっかり業務を行ってくれた人に対しては感謝の意を伝えるなど、

「またここで働いてみたい」

と思わせる職場にしていかなければならない。スポットワークにおいてもリピーターが来れば、教育の手間を省けたり、少しレベルの高い業務に従事してもらえたりといったメリットも生じる。ワーカーの“よい評価”がさらに応募者を増やすといった好循環につながる。

 さらに、スポットワーカーを自社の直接雇用に“引き抜く”ことを推奨している業者もある。ワーカーのなかで優秀な人を自社のパートや正社員として雇用できれば、その現場の戦力は一段と増強されるだろう。

物流倉庫のイメージ(画像:写真AC)

スポットワークが示す労働トレンド

 一方、週5日、毎日8時間といった勤務時間に縛られたくない、あるいは家庭や自身の都合上、そのような働き方ができないという人も少なくない。

 正社員という雇用区分にとらわれず働ける時間に働く、あるいは副業で稼ぐといった働き方の多様化にスポットワークという形態はうまくマッチしている。

 今後も日本の労働力人口の減少は続く。物流の現場もロボットや自動化設備などが徐々に導入され省力化は進んでいる。

 しかし、大半の現場はまだまだ「人海戦術」に頼っているところがあり、他業種を含めた“人の取り合い”が収まることはないであろう。

 スポットワークは必要な人員を必要なときだけ集められるという企業側、好きな現場で都合のいい時間だけ働きたいという労働者側双方のニーズが合致し、その市場は今後も拡大していくことが見込まれる。