赤羽スズラン通り商店街を抜けた住宅街の一角にサンドイッチ専門店「さんかくや」(北区志茂2)がオープンして間もなく3カ月を迎える。(赤羽経済新聞)

 【写真】サンドイッチ一覧

 近所に住む家族の紹介で店舗面積約1坪、三角形のこぢんまりとした物件で開業することになった店主の田辺さん。和食店に勤めていた前職の流れで当初は総菜店を始める予定だったが、スペースの確保が難しいため、悩み抜いた結果、取り回しの良さからサンドイッチに総菜感覚で豊富に具を詰め込み販売することにした。そのため「さんかくや」という店名ながら、なるべく具をたくさん均等に詰める四角い形状のサンドイッチとなっている。

 商品は仕込みから全て、田辺さんが1人で手作りしており、「きざみ野菜のチキンカツ」(380円)や土日限定「角煮ッチ(角煮サンドイッチ)」(400円)など、いずれも具だくさんの内容となっている。

 来月からは、サツマイモなど季節の素材を使ったものと寒い季節に合ったスープを新商品として展開する予定。

 営業時間は11時〜16時(売り切れ次第閉店)。月曜・火曜定休。