赤坂にそば店「蕎麦処 三間堂」(港区赤坂3、TEL 03-6735-9306)がオープンして1カ月がたった。(赤坂経済新聞)

 【写真】えび天ぷらつけそば

 以前は居酒屋として営業していた同店。コロナ禍による消費者の店選びの変化や外食の自粛を踏まえ、新しい生活様式に適した環境での食事を楽しんでもらえるよう、食事需要の取り組みを強化した新業態としてオープンした。「昼そば・夜そば・〆そば」をコンセプトに、時間やシーンに合わせた3種類のそばを用意する。席数は150席。

 メニューは、鴨つゆ、カレーつゆ、くるみだれの3種類のつけだれで味わう「三味そば」、エビ2尾、カボチャ、ナスなどの天ぷらをセットにした「海老(えび)天ぷらつけそば」(以上1,181円)、泡立てたタマゴを磯の雪に見たて、ウニのソースをかけた「磯雪そば うにソース」(1,000円)、「極厚きつねと九条ねぎのそば」(909円)など。

 店長の田中弘樹さんは「王道の板そばは細打ち、平打ちから選ぶことができ、ほかにも数十種類のそばメニューを用意している。自分の推しそばを見つけていただければ。天ぷらや一品料理も充実しているので、お酒と一緒に楽しんでいただくのもお薦め」と話す。

 営業時間は11時30分〜22時。日曜・祝日定休。