ダイビル、商業ビルブランド「BiTO」を新規立ち上げ 皮切りは秋葉原

ダイビル、商業ビルブランド「BiTO」を新規立ち上げ 皮切りは秋葉原

 ダイビル(大阪市北区)が11月20日、JR秋葉原駅前に商業ビル「BiTO AKIBA(ビト アキバ)」(千代田区外神田1)を開業する。(アキバ経済新聞)

 「BiTO」は、同社中期経営計画の新たな取り組みとして、新規に立ち上げる商業ビルシリーズブランド。街にふさわしい品格を宿す商業ビルを目指す。人が集い、賑(にぎ)わいが生まれ、美しい街を創出。ブランド名には「美しい都=BiTO」と「ビルに集う人々=BiTO」という意味を込めた。

 「BiTO AKIBA」は同社初の自社開発商業ビルの皮切りとなる。地下1階〜地上11階に飲食店など14店舗が入る。外観は、江戸時代から交通・市場・情報の拠点として栄えてきた秋葉原で個性を持つテナントが積み上がり、街に華やかさと活気をもたらす様子を江戸時代の工芸品「ガラスの重箱」に見立ててデザインしたという。

 出店するテナントは以下。11階=ダーツバー「Bee」、10階=居酒屋「大衆酒場ちばチャン」、9階=居酒屋「北海道」、8階=居酒屋「じぶんどき」、7・8階=カラオケ「BIG ECHO」、6階=居酒屋「かまどか」、5階=焼き鳥「東京串焼倶楽部」・「松尾ジンギスカン」、4階=居酒屋「ギンダコ秋葉横丁」・「大戸屋ごはん処」、3階=焼肉「東京焼肉平城苑」・しゃぶしゃぶ「ベジしゃぶ」、1・2階=「ウエルシア薬局」、地下1階=「スシロー」。

 「BiTO AKIBA」と同街区に立地する「秋葉原ダイビル・駅前プラザ」は、今回の新ブランド導入と「BiTO AKIBA」の開業に合わせて「BiTO AKIBA PLAZA」に名称変更する。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る