プロバスケットボールチーム「東京八王子ビートレインズ」が4月23日・24日、シーズン第16節「岐阜スゥープス」戦を「八王子市民デー」として行う。会場はエスフォルタアリーナ八王子(八王子市狭間町)。(八王子経済新聞)

 2020-21年シーズンはB3リーグで戦う東京八王子ビートレインズ。今シーズンはここまで5勝17敗、リーグ内では11チーム中9位に位置している。「八王子市民デー」と位置付ける今節は、八王子在住・在学・在勤者を対象に2階自由席の当日券を大人は1,000円、高校生以下は無料で提供する。

 23日はビートレインズの応援ソング「我らトレインズ」も手掛けるパンクバンド「ニューロティカ」がゲストとして来場。24日は地元のコミュニティーFM局「Tokyo Star Radio(八王子FM)」で今月から始まったラジオ番組「はなわ&ビートレインズの『八王子だョ!全員集合』」のパーソナリティーをビートレインズの選手と共に務めるタレントのはなわさん、地元のご当地ヒーロー「転成合神(がっしん)ゲンキダーJ」が登場する。

 各日1階指定席で観戦した客にはニューロティカ、はなわさんとコラボして作ったそれぞれのオリジナルステッカーを配布するなど、さまざまな企画でも盛り上げる。

 チームを運営する「THTマネジメント」(子安町)の加藤友里さんは「安心安全、楽しいホームゲームを運営し、皆さまと共に八王子を盛り上げられれば」とアピールする。

 試合開始は、23日=18時30分、24日=14時。