日本科学未来館(江東区青海2)が現在、リアル脱出ゲームの企画・製作を手掛けるSCRAP(渋谷区)とコラボしたイベント「人類滅亡からの脱出」を開催している。(東京ベイ経済新聞)

 【写真】ゲームプレイ中の動画を見る様子(イメージ)

 同館がSCRAPとコラボレーションして制作した完全オリジナルストーリーのリアル脱出ゲームを体験できる同イベント。昨年12月から今年2月まで開催し約5000人が体験したイベントで、4月10日から期日限定で追加開催している。

 ゲームは、参加者自身が「新米市長」となり、感染症や自然災害から市民を守り抜く設定。館内に仕掛けられた「謎」や「暗号」を解きながら館内を巡る。感染症や自然災害に対する科学的な知見もあり、遊びながら防災対策についても学べる。

 チケット前売り券料金は一般=3,000円、大学生=2,800円、小中高生=2,700円、グループチケット(4人用)=1万800円(当日券は全て500円増し、グループチケットの当日券は無し、前売り券完売時は当日券の販売は無し)。スマートフォンまたはタブレットなどインターネットに接続できる端末が必須(動画閲覧時はイヤホン使用推奨、ヒント閲覧にはコミュニケーションアプリ「LINE」が必要)。

 開催日は5月30日までの土曜・日曜・祝日と4月30日、5月6日、7日。