日向の細島花火大会で屋上ビアガーデン 新商品「細島コロッケ」販売も

日向の細島花火大会で屋上ビアガーデン 新商品「細島コロッケ」販売も

 細島商業港近くに9月21日、細島花火大会開催に合わせ、屋上ビアガーデンがオープンする。運営は、弁当・総菜店「バンビ」(南町)、野菜の水耕栽培を手掛ける「SPミヤザキ」(東郷町)。(日向経済新聞)

 マグロと大葉が入った「細島コロッケ」

 「バンビ」と「SPミヤザキ」では現在、細島の商社「ユニバーサルインターテック」と共に「細島コロッケ」の製造・販売を行っている。SPミヤザキ社長の吉田広則さんは「水耕栽培設備をユニバーサルインターテックに納入したことがきっかけで、水耕栽培で作った大葉を使い、新しい細島名物を作れないかと考えた。港町のコロッケをテーマにマグロを材料にした細島コロッケを考案。製造をバンビに依頼した」と話す。地元の人に細島コロッケを味わってもらおうと今年で12回目を迎える「日向みなと・夢・みらい花火大会」での販売を企画。細島商業港近くにあるビル屋上に臨時のビアガーデン、1階に売店を設けることになった。

 「バンビ」社長の志賀明さんは「今年に入ってから2度試験販売をしたが、その後宮崎市内のフランス料理のシェフにアドバイスをもらい、ようやく納得のいくコロッケが出来上がった。ビアガーデンは席に限りがあるので、より手軽に売店も活用いただけたら。率直な味の感想も聞かせてもらえれば」と笑顔を見せる。吉田さんは「残念ながら、ビルの前に倉庫があるので仕掛け花火などは見えないが、人混みを気にすることなく花火をゆっくり見ていただけると思う」と話す。

 売店では細島コロッケ(200円)のほか、「だし塩からあげ」「甘辛タレからあげ」(以上、130円)、「焼き鳥」(120円)、生ビール(400円)などを販売する。屋上ビアガーデン利用料は1人3,000円。細島コロッケやからあげを含むオードブルのほか、ビール、焼酎、チューハイ、日本酒、ワインなどの飲み物が2,000円分含まれる。

 営業時間は18時〜21時。花火打ち上げは19時30分〜。ビアガーデンは事前予約制。バンビ(TEL 0982-95-0706)で受け付ける。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

あわせて読む

九州/沖縄の主要なニュース

宮崎 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索