ライブエンターテインメントビル「ミクサライブ東京」(豊島区東池袋1)と、ミステリー情報誌「ムー」、ドワンゴ(中央区)のコラボライブ配信番組「帰ってきたムー×ミクサ」4月24日、配信される。(池袋経済新聞)

 2020年9月15日から「Mixalive TOKYO」で生配信してきた、日本中のオカルト・ミステリーファンのためのエンタメ配信番組「ムー×ミクサ ミステリー調査班 MMMR」がリニューアル。インターネットの祭典「ニコニコネット超会議2021 Supported by NTT」併設の「超声優祭2021 Powered by dwango , Supported by ディズニープラス」に登場する。

 番組MCは声優・浪川大輔さんが担当。ユーチューブチャンネル「僕のみぞ知る世界」で都市伝説・怪談・オカルトなどの話をするオカルト好きな声優の細谷佳正さん、過去何度も不思議体験トークを披露した声優・岡本信彦さん、月刊ムーの三上丈晴編集長が登場する。

 番組では、「シン・エヴァ」の公開と同時期に見つかった新しい死海文書と、ゼーレの裏死海文書の因果関係はあるのかについてや、聖書や神話、巨人伝説など人気アニメキーワードを三上編集長がムー的に解説。

 視聴者が参加できるコーナーや、声優陣が発するムー的フレーズコーナー、三上編集長が初めて明かす未公開の「滅亡予言」など、「テレビでは話せない、ここでしか聞けない内容も盛りだくさんでお届けする」という。

 4月24日には、過去のムーミクサのFile02「事故物件大調査」、File03「UFOと陰謀論大調査〜アメリカ大統領選挙で読み解くUFOと陰謀論について〜」、File04「占い・予言大調査〜2021年お見通しSP〜」無料配信も予定する。

 「帰ってきたムー×ミクサ」の配信は24時〜25時30分を予定。最初の30分は無料配信。タイムシフト視聴可能期間は4月25日配信終了後〜5月16日23時59分。配信チケット(生放送視聴・タイムシフト視聴券)は通常価格=4,000円、ニコニコプレミアム会員=2,000円。受け付け期間は5月16日21時まで。