デリバリー営業の台湾まぜそば専門店「禁断のとびら」西池袋1丁目店が5月27日、池袋にオープンした。(池袋経済新聞)

 「Rai&Co(ライアンドコー)」(渋谷区)が運営する同店。「池袋東口総本店」で実店舗営業も行う。同社によると、「台湾まぜそば」は、台湾ミンチ(唐辛子とニンニクを効かせたしょうゆ味のピリ辛ミンチ)を、モチモチした弾力としなやかさが特徴の極太麺に載せた汁なし麺。代表的な具は台湾ミンチ、ニラ、ネギ、魚粉、卵黄、ニンニク。同社によると、最後の締めは「追い飯」で残った具材にご飯を混ぜて食べるのが「台湾まぜそばの醍醐味(だいごみ)」という。

 メニューは、「王道の台湾まぜそば」(1,650円)、「カレー台湾まぜそば」(1,700円)、「チーズ台湾まぜそば」(1,850円)、「シビ辛台湾まぜそば」(1,700円)、「禁断の台湾ミンチ丼」(950円)など。トッピングメニューも用意する。

 営業時間は17時〜翌1時30分(木曜・金曜は翌2時30分、土曜・日曜は翌2時まで)。