志摩市の伊勢神宮「伊雑宮」でお田植祭 7年振りの「岩戸開き」

志摩市の伊勢神宮「伊雑宮」でお田植祭 7年振りの「岩戸開き」

 伊勢神宮内宮(ないくう)の別宮「伊雑宮(いぞうぐう・いざわのみや)」(志摩市磯部町上之郷)で6月24日、「御田植祭(おみた・おたうえさい)」が執り行われた。(伊勢志摩経済新聞)

 【その他の画像】伊勢神宮「伊雑宮」でお田植祭

 同祭は、香取神宮(千葉県香取市)と住吉大社(大阪市住吉区)の御田植祭とともに日本三大御田植祭の一つといわれている。1990年に「磯部の御神田(おみた)」として国の重要無形民俗文化財の指定を受けている。

 同祭は、鎌倉時代に成立したとされる伊勢神宮の「神道五部書」の一つ「倭姫命世記」に書かれた、第11代垂仁天皇の皇女・倭姫命(やまとひめのみこと)が伊勢神宮に納める神饌(しんせん)を探し求めて志摩を訪れた時、昼夜鳴く1羽の白真名鶴が稲穂をくわえていた「白真名鶴伝説」「鶴の穂落とし伝説」に由来するとされる。近くにある伊雑宮の所管社「佐美長(さみなが)神社」(同恵利原)は「穂落としさん」として地元民に親しまれている。祭りで歌われる躍り込み唄や数え唄の歌詞の中に由来の伝説が登場する。平安時代末期か鎌倉時代初期から始まったとされる。

 祭りは、伊雑宮でおはらいを行った後、場所を隣接する神田に移し、田道人(たちど)と白い衣装に赤いたすきがけの早乙女(さおとめ)が苗場を3周半回って苗を取る。次に裸男たちが「太一」と書かれた大きなうちわのついた忌竹(いみだけ)を泥だらけになりながら奪い合う荒々しい動的な「竹取神事」、赤い衣装を着て倭姫命に扮(ふん)した太鼓打ちが田舟に乗り田楽を奏でながら、白い衣装に赤いたすきがけの早乙女らが田植えを行う静的な「御田植神事」、作業を終わり同宮の一の鳥居まで役人一同が踊りながら行進する、動と静を併せ持つ「踊込み」が行われた。

 この日は、早朝から雨が降っていたが、祭りが始まると雨は止み、青空へと変わり太陽が輝かしく祭り会場を照らした。今年は、同神社のある下之郷地区が担当し、下之郷唯一の「岩戸開き」の舞いも披露された。「岩戸開き」の後、真上には太陽の周りに虹のような輪ができる自然現象、「ハロ」「日暈(にがさ)」がくっきりと現れた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

三重 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索