自由が丘に台湾発チーズティー専門店「マチマチ」ポップアップショップ

自由が丘に台湾発チーズティー専門店「マチマチ」ポップアップショップ

 台湾発チーズティー専門店「麥吉machi machi(マチマチ)」のポップアップショップ「machi machi 自由が丘POP UP店」(目黒区自由が丘1、TEL 03-6773-0647)が5月22日、自由が丘北口エリアにオープンした。経営はベイクルーズグループのフレーバーワークス(渋谷区)。(自由が丘経済新聞)

 (写真左から)「烏龍鉄観音チーズティー」「ワイルドベリーチーズティー」

 「チーズティー」は茶の上にホイップしたチーズクリームを注ぐドリンク。原宿に昨年、初のチーズティー専門店がオープンしたのを皮切りに各地で出店が見られ、タピオカミルクティーに次ぐ台湾発ドリンクとして注目を集めている。

 「マチマチ」は台湾・台北生まれのチーズティー専門店で、生クリームとクリームチーズに「甘さを引き立てるアクセント」として少しの塩を加えたオリジナルチーズクリームを使う。パンケーキショップ「J.S. PANCAKE CAFE」などの飲食ブランドを数多く手掛ける同社の新ブランドとして国内展開する。

 場所はサンセットエリア地区・通り沿いのビル路面で、ベイクルーズが展開するアパレル店「スピック&スパン 自由が丘店」「FRAMeWORK 自由が丘店」 の入り口横。店舗面積は4坪。本国の店舗同様、モルタルウオールにネオンサインやウォールアートを施し「遊び心あふれる世界観」を表現したという。

 店舗はスタンド形式のため、来店客には店頭で整理券を配布。記載されているQRコードをスマートフォンなどで読み取ると、順番が近づいた時にLINEで通知が届く。

 メニューは、「チーズと相性が良い」すっきりとした味わいの台湾茶・烏龍(ウーロン)鉄観音をベースにした「烏龍鉄観音チーズティー」(480円)、2種のベリーとジャスミン緑茶のフローズンティーがベースの「ワイルドベリーチーズティー」(680円)、ボトル容器にパンナコッタとストロベリーミルクを2層に重ねた「ストロベリーパンナコッタ」(630円)の3種類。甘さを選べるほか、トッピングに「ボバタピオカ」(80円)も用意する(価格は全て税別)。

 営業時間は11時〜20時。6月16日まで。同社は6月26日、同ブランド日本1号店をラフォーレ原宿(渋谷区)に出店する予定。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索