小平のコワーキングスペースに曜日限定ランチ 地元野菜使った「おにぎらず」など

小平のコワーキングスペースに曜日限定ランチ 地元野菜使った「おにぎらず」など

 小平の「コワーキングスペースすだち」(学園東町1、TEL 042-312-1971)に曜日限定ランチを提供する「cowa-cafe(コワカフェ)」がオープンして1カ月がたった。(北多摩経済新聞)

 「わんぱくサンド」の一例。写真は「手作りエビカツ&タルタルサンド」

 利用者が仕事をしながら手軽に食べられるよう具だくさんの「おにぎらず」や、ボリューム感のある「わんぱくサンド」(以上700円、副菜・スープ付き)などを毎週木曜に週替わりで提供する。プラス200円でコーヒーか紅茶をセットにでき、営業時間内は一般客のランチ利用にも対応する。

 カフェを切り盛りするのは、3月まで同所のシェアキッチンで「モコCAFE」を営業していた小和田友子さん。「見た目でも楽しめてパッと食べられる、栄養バランスの良いメニューを」と夏ごろから試作を繰り返し、近隣で働く人などを招いた「お試し営業」を経て9月にオープンした。来店した人には率直な感想をアンケートで書いてもらい、集まった意見を参考に食べやすいよう切り方を工夫したり、副菜を一品増やしたりするなどメニュー内容をブラッシュアップしたという。

 小和田さんは「シェアキッチンで提供してきたワンプレートランチとはコンセプトが違うため、毎週メニュー作りにはかなり悩むが、アンケートの中で『毎日営業してほしい』『いろいろな食材がバランスよく取れてうれしい』などの意見もいただけて、励みになる」と笑顔を見せる。

 メニューには小平産の野菜をできる限り取り入れ、サンドイッチに使う食パンも市内のパン店から仕入れる。コーヒー豆も市内の自家焙煎(ばいせん)コーヒー店の豆を使うなど、地域に密着した営業スタイルを心掛けているという。セットのコーヒーは、コーヒー専門店で勤務した経験を持つ小和田さんが注文を受けてからハンドドリップで入れる。

 「一般の方にももっと利用してもらうため、週に1回営業していることや、地元の野菜を使っていることをどんどんPRしていきたい」と小和田さん。「今は主にフェイスブックでお知らせしているが、食材の買い出しや調理風景など今後インスタグラムでもアップしていく予定。たくさんの方に知っていただき、身近に感じてもらえたら」とも。

 営業時間は12時〜14時。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る