FC町田ゼルビア、J1ライセンス取得へ意欲 2019新体制発表会

FC町田ゼルビア、J1ライセンス取得へ意欲 2019新体制発表会

 FC町田ゼルビアは1月19日、町田市内のホテルでサポーター限定の2019シーズン新体制発表会を開き、新加入選手やチームスローガンなどを披露した。(相模原町田経済新聞)

 胸スポンサーにAbemaTV

 今シーズンのチームスローガンは「+1 すべては掴み取るために」。基準緩和で今シーズンのJ1ライセンス取得に可能性があることから、「自分たちで掴み取ろう」という意味をこめた。

 石阪丈一市長は「1.5万人収容スタジアムや天然芝の整備などJ1に行く環境は着々とできている。あとは観客動員」と期待を込める。「チームは昇格、クラブはライセンス、サポーターや支援企業は集客をそれぞれ取りにいく三位一体でいきたい」(唐井直ゼネラルマネジャー)。

 新ユニホームの胸には、親会社サイバーエージェントが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」のロゴが入る。その他のスポンサーは、イーグル建創、小田急電鉄、玉川大学、寺田電機。

 参加した新加入9人とレンタル期間を延長した山内寛史選手、レンタルから完全移籍へ契約更新した下坂晃城選手と酒井隆介選手の計12人が意気込みなどを話した。

 相馬直樹監督は「昨年のいいことは忘れて、J1を掴み取るために、新たな覚悟で望む。2月24日(開幕戦)は、みなさんの心を熱くするプレーをお見せする」と力強く話した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索