中野3丁目の居酒屋「楽多」が深夜限定でラーメン店に 2周年を機に裏メニュー展開

中野3丁目の居酒屋「楽多」が深夜限定でラーメン店に 2周年を機に裏メニュー展開

 中野駅南口桃園通り西側の居酒屋「ご飯屋 楽多(らくだ)」(中野区中野3)が10月2日、ラーメン専門店を深夜限定でオープンした。(中野経済新聞)

 (関連フォト)「ご飯屋 楽多」店主の西室親志さん(写真中央)

 2017(平成29)年10月2日にオープンした同店。さまざまなジャンルの飲食店で修業を重ねた西室親志(にしむろちかし)さんが店主を務める。西室さんは「ラーメンは年間でかなり食べ歩いていて、自分としてもオリジナルを作りたくなり、完成したものを店の裏メニューで出したら人気となった。開業2年を迎えたので、思い切って深夜限定でラーメン屋にしてみた」と話す。席数はカウンターのみ8席。

 提供メニューはピリ辛の「楽多の担々麺」としょうゆベースの「楽多の中華そば」(以上850円)の2種類のみ。「精魂込めた自慢のスープ、そして丁寧に作ることに心掛けている。『うまい』と言っていただく自信があるので、試してほしい」と意気込む。ドリンクメニューは居酒屋営業から引き続き提供する。

 深夜限定ラーメン専門店の営業時間は翌0時30分〜4時(通常店舗は18時〜)。日曜定休。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る