西武新宿線鷺ノ宮駅北口の中杉通り沿いにあるイタリアンレストラン「トラットリア ジュリエーゼ ダ エンメ(trattoria Giuliese da emme)」(中野区鷺宮3、TEL 03-6383-0855)は10月30日から3日間、イタリア新作ワインの解禁を記念した限定ディナーコースを提供する。(中野経済新聞)

 【写真】(関連フォト)イタリアンレストラン「トラットリア ジュリエーゼ ダ エンメ」店内

 「Novello(ノヴェッロ)」と呼ばれるイタリア新作ワインが毎年10月30日に解禁されることに加え、今年11月2日に同店が5周年を迎えることを記念して、期間限定のコースメニューを用意する。國分秀典シェフは「イタリア中部に位置するアブルッツォ州の郷土料理をコース仕立てで提供する。2種提供させて頂く新酒の1つはアブルッツォ州のワインで、アブルッツォ料理とアブルッツォワインですてきな時間を過ごしていただけたら」と言う。

 限定ディナーコースの内容は、羊のチーズとパン粉の揚げ団子のトマト煮込み「パロッテ カチョ エ ウォーヴァ」、アブルッツォ産の唐辛子を練り込んだサラミとサラダ「ヴェントリチーナ」、子羊の串焼き「アッロスティチーニ」、羊のチクレープとブロード「クリスペッレ イン ブロード」、断面が四角のアブルッツォのロングパスタ「キタッラ」、「アブルッツォ ドルチェ」、解禁するNovelloグラスワイン2種(ファルネーゼまたはコンティ・ゼッカ)の7品目。

 國分シェフは「本国イタリアの収穫祭のように、皆で楽しくワイワイと盛り上がりたいところではあるが、新型コロナの影響もあるので今回はできる範囲で考えた。コロナ渦にイベントを行うべきなのかとても迷ったが、イタリアに行けない今だからこそイベントを通して本国を感じていただけたらうれしい」と話す。

 限定ディナーコースの提供時間は17時30分〜23時(通常のランチ営業時間は11時30分〜14時)。水曜定休。