中野区の新しい仲間「中野大好きナカノさん」の公式LINEスタンプ第2弾「中野大好きナカノさん2」と第3弾「中野大好きナカノさん3」が3月26日、発売された。(中野経済新聞)

 【写真】(関連フォト)「ちびナカノさん」バージョンの「中野大好きナカノさん」LINEスタンプ第2弾

 「中野大好きナカノさん」は中野区シティプロモーションで生まれた球体関節人形のドール。中野区が募集した「2019年度シティプロモーション事業助成制度」で交付決定されたNPO法人中野コンテンツネットワーク協会の「中野大好きナカノさん」活用事業「中野大好きナカノさん×ヒガナカ×ナカノプラプラ」で実現されたLINEスタンプの第2弾。

 第1弾のLINEスタンプは昨年の3月10日に登場。「OKです」「ありがとうございます」「ふーん」「もしもし」などの全16種類で、同プロジェクトの責任者で同協会理事の橋本正太郎さんによると、かなり好評だったという。今回は「あとはあがるだけ」「おちついていこう」などのほか中野区観光大使のブル中野さん、神田山緑さん、NORIさん、メトロポリちゃんVさん、折井理子さんとのコラボスタンプもある第2弾と、素材写真とテキストを公募し「呼んだ?」「どんとこい」「飲もう」「ワクワク」などが「ちびナカノさん」とともにスタンプとなっている第3弾の2種類。

 橋本さんは「中野の名所・名店・企業・商店街。さまざまな人々に協力いただき、制作した。ここはどこだろう?このスタンプはどこで使える?など、地域の魅力の再発見や、聖地巡礼などにつながるとうれしい」と話す。

 販売価格はどちらも1セット16個、120円。LINEストアで購入できる。