中野駅南口・桃園通りの先の杉並区との区境の場所にステーキハウス「Kitchen TSUKUSHIMBO(キッチンつくしんぼ)」(中野区中野3、TEL 03-4400-6457)がオープンして約1カ月がたった。(中野経済新聞)

 【写真】(関連フォト)ステーキハウス「キッチンつくしんぼ」外観

 テークアウト専門店として3月に営業を始めた同店。スタッフのうさだカイトさんによると、「路面店という立地を生かし、スタッフだけでカウンターなどを含めて店内を改装、ステーキ専門店としてオープンした」という。席数はカウンターのみ5席。

 鉄板で提供するサーロインステーキ「つくしんぼステーキ」150グラム(1,400円)、300グラム(2,500円)、600グラム(3,000円、29日の「肉の日」限定、要予約)の3種類で、ライスや牛タンカレーがセットで食べ放題となる。ランチタイムには「つくしんぼステーキ」150グラムを990円で提供。ステーキはテークアウトできるほか、テークアウトメニューとして「ステーキ弁当」(980円)や半分ステーキ半分カレーの「つくし弁当」(890円)などを用意する。

 うさださんは「ステーキをもっと身近に感じてもらいたいと思い、リーズナブルなステーキハウスを作ったつもり。食べ放題の自慢の牛タンカレーも、ぜひ食べてみてほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時〜翌2時(通常営業時、緊急事態宣言下は20時まで)。