「等々力農振会朝市」が6月22日、玉川総合支所コミュニティ広場(等々力3)で開催される。(二子玉川経済新聞)

 毎年6月と12月に開催されている同朝市は、等々力の農家が育てた野菜や花を販売する即売会で、昨年12月は1000人ほどの来場者でにぎわった。

 当日は、農家がトマトやきゅうり、枝豆など旬の青果物を自ら販売するほか、世田谷区と「区民健康村相互協力に関する協定(縁組協定)」を締結している群馬県川場村のこんにゃく、みそ、梅干し、米、蜂蜜などの特産品の販売も予定する。

 同支所地域振興課等々力まちづくりセンターまちづくり・防災担当係長の渡邊修一さんは「毎回行列ができる朝市には人気商品が30分ほどで売り切れるほど活気がある。日赤等々力分団のバザーも同時開催するので、気軽に足を運んでもらえれば」と話す。

 開催時間は9時〜12時。