東京ミッドタウンの「虎屋菓寮 東京ミッドタウン店」(港区赤坂9、TEL 03-5413-3541)が4月21日、テイクアウト向けの冷たいメニューの販売を始めた。(六本木経済新聞)

 テイクアウト向けの「宇治金時」

 期間限定で販売するラインアップは4種類。「冷し汁粉」(864円)は、冷たい汁粉に白玉2個を入れたメニューで、「御膳(ごぜん)」「小倉」「白小倉」の3種類を用意する。「抹茶グラッセ」は、抹茶をたててから冷やしたドリンクで、オーダー時に白蜜も入れられる。「冷煎茶」(以上756円)も用意する。

 5月1日にはかき氷の販売も始める。「宇治金時」(864円)は、北海道産の小豆を使った小倉あんに宇治抹茶と和三盆糖で作った抹茶蜜をかけたメニューで、底幅約7センチ×高さ8.5センチのカップに入れて販売する。

 とらや広報担当の橋爪佐和さんは「多くのお客さまに楽しんでいただけるよう、手軽に召し上がれるテイクアウトメニューを用意した。暑くなるこれからの季節、お出かけ時の休憩などに楽しんでいただければ」と話す。

 販売時間は11時〜20時30分。9月30日まで(7月〜9月は一部の商品の販売休止を予定)。