六本木ヒルズ(港区六本木6)で7月1日、「六本木グルメバーガーグランプリ 2024」が始まる。(六本木経済新聞)

 「特撰牛メンチカツバーガー韓流トマトソース&タルタルソース」

 毎年恒例となっている同イベント。今年は、六本木ヒルズの飲食店17店舗と麻布台ヒルズから4店舗が初めて加わり計21店舗が参加して行う。

 10回目となる今回は同イベントのために考案された17種類の「特別限定メニュー」と、日頃からグランドメニューとして提供している9種類の「レギュラーメニュー」を用意。投票は参加店でエントリーバーガーを注文した客に渡すQRコードを読み込み、デジタルスタンプラリーに参加、客の投票により各部門のグランプリを決める。

 「特別限定メニュー」は、「37 ステーキハウス & バー」の、21日間熟成ブラックアンガスビーフのパティと夏野菜のトマト煮込み、モッツァレラチーズ、生ハムを重ねた「21日間熟成ブラックアンガスビーフのハンバーガー カポナータと生ハム、モッツァレラチーズを燻製(くんせい) BBQ ソースで」(3,300円〜)、「KOREAN BBQ 水剌間(スラッカン)」の「特撰牛メンチカツバーガー韓流トマトソース&タルタルソース」(2,600円)、「オーク ドア」の「サマーフレンチバーガー」(3,456円〜)など。

 「レギュラーメニュー」は、「ブリコラージュ ブレッド アンド カンパニー」の自家製ブリオッシュバンズを使った「和牛炭火ハンバーガー」(1,900円)、「エーエス クラシックス ダイナー」の「アボカドチーズバーガー」(1,910円〜)、「ザ サン アンド ザ ムーン」の「神戸牛のパティと全粒粉バンズ コンテチーズのハンバーガー」(3,000円)などを提供する。

 六本木ヒルズ商業運営室プロモーション担当の福本優衣さんは「今年は各部門で3連覇を達成した『37 ステーキハウス & バー』が殿堂入り。ぜいたくに仕立てたグルメバーガーを提供する。和牛を使った迫力のあるバーガーから、イタリアンや韓国料理の人気店が手がける異文化ミックスのバーガーまで、国際色豊かな六本木らしいバラエティー豊かなメニューをそろえた。毎年同イベントを楽しみに足を運んでいただいているお客さま、夏休みのおでかけや旅行で国内外から来られるお客さまにも夏の思い出として楽しんでいただけたら」と話す。

 提供時間は各店により異なる。一部メニューはサービス料別途。9月1日まで。