表参道などで短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」開催へ

表参道などで短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」開催へ

 日本発アジア最大級の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(以下SSFF & ASIA)2019」が5月29日から、表参道・渋谷などで開催される。(シブヤ経済新聞)

 俳優の別所哲也さんが創設者となり1999年に原宿で始まった「ショートショート フィルムフェスティバル」。2004年には米国アカデミー賞から公式認定を受け、アジア作品を集めた「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」を兄弟映画祭として初開催した。以降、SSFF & ASIAとして両祭を同時開催している。21回目を迎える今年は「Cinematic Attitude」をテーマに掲げる。

 期間中、世界130の国と地域から集まった約1万の中から約200作品を上映する。全10部門で構成する「コンペティション(部門)・公募プログラム」では、オフィシャルコンペティションをはじめ、環境やCGアニメーション、東京などをテーマにした作品を用意。25歳以下の若手クリエーターたちが制作した5分以下の作品を特集する「U-25プロジェクト」が新たに登場する。同プロジェクトの作品をはじめ、アカデミー賞やカンヌ映画祭受賞&ノミネート作品など約50作品を公式サイト上で見られるようにする「オンライン会場」も新設する。

 「オフィシャルコンペティション」3部門(インターナショナル、アジアインターナショナル、ジャパン)の各優秀賞に加え、「ノンフィクション部門」の優秀賞の計4作品が次年度の米アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象作品となる。

 このほか、渋谷区とタイアップする「Shibuya Diversityプログラム」、新たな試みとして女性監督に焦点を当てる「Ladies for Cinemaプログラム」、台湾・「高雄国際映画祭」とのコラボレーションプログラムなども展開する。

 開催期間は、表参道ヒルズ・スペースオー(渋谷区神宮前4)=6月6日〜9日、シダックス・カルチャーホール(神南1)=6月13日〜15日。映画祭の鑑賞料は一部イベントを除き無料。6月16日まで。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索