渋谷区公認配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」で開催されているバーチャル音楽ライブイベント「SHIBUYA UNDER SCRAMBLE」の追加出演者が発表された。(シブヤ経済新聞)

 コロナ禍で活動が制限されているアーティストに表現と発信の場を提供し支援を図る企画で、渋谷の文化をけん引してきた区内のエンターテインメント・ファッション・飲食業界などを支援するクラウドファンディング「YOU MAKE SHIBUYAクラウドファンディング」で集まった支援金と区財源を活用している。

 開催に当たり、バーチャル渋谷内には渋谷駅前スクランブル交差点の地下空間をイメージしたライブハウスエリア「SHIBUYA UNDER SCRANBLE」を作った。バーチャル渋谷内の渋谷駅前スクランブル交差点にある入り口から入ることができるようになる。

 出演するのは、2月に行った公募で集まった集まったアーティストとライブハウス推進アーティストなど約100組。3月31日に行ったオープニングイベントには、トリプルボーカルのバンド「ザ・チャレンジ」ら3組が出演。4月16日の第2回配信を前に、出演者を一堂に発表した。

 大阪出身のバンドDENIMS(デニムス)、ギターロックバンドircle(アークル)、「渋谷発」パンクバンド「MINAMIS(ミナミズ)」、フロントマンのアカツカさん率いるポップバンド「South Penguin」、昨年結成20年を迎えたロックバンド「LUNKHEAD」、北海道出身のバンド「TRIPLANE(トライプレイン)」、独特な世界観が特徴のロックバンド「アルカラ」、遠藤大介さんのソロプロジェクト「DE DE MOUSE」、アメリカ・スウェーデン・日本と多国籍なルーツの歌手EMMA WAHLIN(エマ・ウォーリン)さん、ロックバンド「DOPING PANDA」のフロントマンとして活動していたことでも知られるフルカワユタカさん、シンガー・ソングライターのSETAさんなどが名を連ねる。

 鑑賞無料(clusterへの登録が必要)。5月23日までの金曜・土曜・日曜の20日間にわたり、順次開催していく。