生搾りオレンジジュース自動販売機(自販機)「Feed Me Orange」の日本1号機が7月、渋谷マルイ(渋谷区神南1)1階に設置された。(シブヤ経済新聞)

 【写真】オレンジ3〜4個分の果汁100%ジュースを提供する

 自動証明写真機やアミューズメントマシンを世界20カ国で展開する英フォト・ミー・インターナショナル社の日本法人である日本オート・フォート(埼玉県)が展開する同自販機。さまざまなメーカーが欧米や東南アジアなどで展開し、ここ数年「人気が高まっている」という。

 国内に導入するに当たり、さまざまな場所にコンタクトを取ったなか、流行感度が高い若者が集まる街であり、文化・情報の発信地である渋谷に1号機を設置することとなった。現在、ふじみ野のイオンタウンにも2台設置している。

 同自販機では、オレンジはその時々で「一番旬」なものを使うといい、アメリカやイスラエル、オーストラリアなどの産地、バレンシアやネーブルなどの品種となる。現在はオーストラリアのネーブルを使っており、機体のモニターでその時々に使っている品種を表示する。

 機械内にオレンジを貯蔵し、金が投入されるとその場でフルーツを搾りジュースを作り、カップに注がれる。カップは上部をフィルムで密閉した状態で提供される。自販機内は常時5度で管理されていることから、冷えた状態での提供となる。サイズは200ミリリットル分(オレンジ3〜4個分)で、1杯500円。提供時間は約40秒。