渋谷のコミュニティーFM「渋谷のラジオ」初となるサテライトスタジオ「ヒカリエデッキ ラジ公スタジオ」(以下、ラジ公スタジオ)が10月1日、2021年7月15日に渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)北側に整備された「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」(以下、ヒカリエデッキ)にオープンする。(シブヤ経済新聞)

 【写真】ヒカリエデッキとアーバン・コアの接続部に位置するラジ公スタジオのイメージ

 ヒカリエデッキは、渋谷ヒカリエの北側、東京メトロ銀座線線路の上部に位置する全長約190メートルの歩行者デッキ。渋谷駅の東西をつなぐ歩行者動線「スカイウェイ」の一部として先行オープンした。日没後はムービングライトによる光と音の演出を行うほか、季節を感じられる植栽やベンチなども整備され、憩いの場にもなっている。ヒカリエデッキは渋谷ヒカリエの3階・4階に面し、ラジ公スタジオはヒカリエデッキとの接続部である4階アーバン・コアの店舗区画に位置する。

 6年目を迎える渋谷のラジオは、さらなる局のブランディング、ファンづくりを目指して、駅直結のパブリック空間に、渋谷ヒカリエ協力の下、サテライトスタジオの枠を超えたコミュニケーション拠点を構える。

 ラジ公スタジオは約4坪のコンパクトな空間で、放送スタジオとドリンクスタンドから成る複合施設となる。スタジオでは10月から、第1弾として地域情報番組「渋谷商店部 お店に行こう!」を毎日(土曜除く)15時〜16時に生放送。ドリンクスタンドではコーヒー、ジュースなどのドリンクメニューを用意し、テークアウト販売する。今後は渋谷のラジオ・オリジナルグッズなどの物販も予定し、キャッシュレス決済のみとなる。

 コロナ禍の状況を踏まえながら、将来的には番組と連動したミニ展示企画やワークショップの開催など、リスナーや地域住民とのコミュニケーション拠点としての活用も予定。併せて、企業の販促活動など要望に応じてラジ公スタジオのスペースレンタルも計画している。

オープン日となる10月1日は13時30分〜15時の1時間半にわたり、フリーキャスターの平井理央さんがパーソナリティーを務めるラジ公スタジオ開設記念特番を予定する。