ワールドバリスタチャンピオン井崎英典さんによる「デカフェ」(カフェインレスコーヒー)ブランド「#ヤバいデカフェ」が10月1日、初のポップアップショップを渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)の食のポップアップギャラリー「COMINGSOON」にオープンする。(シブヤ経済新聞)

 【写真】販売予定ノコーヒーバッグ

 1990(平成2)年生まれの井崎さんは、高校中退後に父親が経営するコーヒー店「ハニー珈琲(コーヒー)」を手伝いながらバリスタに。2012(平成4)年に「史上最年少」でジャパン・バリスタ・チャンピオンシップで優勝。2連覇を果たし、2014(平成26)年に世界一のバリスタを決める大会「ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ」でアジア人として初めて優勝。現在は独立し、コーヒーコンサルタントとしてコーヒー関連機器の研究開発、商品開発からマーケティングまで一気通貫したコンサルティングを行っている。

 「#ヤバいデカフェ」は、国内で薬品を使わずにコーヒー豆からカフェインを除去したデカフェを展開するブランド。ポップアップショップでは、井崎さんのSNSのみで販売しているコーヒー豆(深いりブレンド)や、牛乳と割るだけでカフェオレが作れる「カフェオレベース」などを販売するほか、バリスタが入れるドリップコーヒーやアフォガート、ラズベリーカフェモカを提供する予定。

 渋谷パルコの現在の営業時間は11時〜20時(最終日は18時まで)。同6日まで。