都市型ナイトマーケット「渋谷夜市-SHIBUYA YOICHI-」が10月2日・3日、渋谷区立宮下公園(渋谷区渋谷1)で開催される。主催はファッションイベント「SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVAL」の実行委員会とファッションPRなどを手掛けるワンオー。(シブヤ経済新聞)

 「リアルでしか感じられないファッションやカルチャーの感動を与えられる場所を提供したい」と企画した同イベント。「PLAY for Tomorrow」をテーマに、明日より良い日を過ごせるためのものやこと、サービスに関する出店者を募集。集まったクリエーターやショップ、アーティスト、アクティビストたちが「明日を生きるアクション」の発信を図る。

 ファッションブランド「AlexanderLeeChang」は、デザイナーのアレキサンダー・リー・チャンさんがプロスケーターでもあったことから、スケートボードパークで初心者向けスケートボード教室やミニゲームなどを行う。

 アウトドアブランド「MAMMUT」は、ボルダリングウオールエリアで、ブランドが支援するアスリートによるプログラムを展開。芝生エリアでは3日、ライブ配信スタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」が同イベント限定の配信を予定する。

 スケートボードパークのエキシビションエリアでは、DEPT Company代表のeriさんが環境省とタッグを組んだインスタレーションを展開。1分間に破棄されるファストファッションを展示するほか、環境保護団体グリーンピースとのパネル展示も行う。

 マーケットエリアでは、クリエーターや企業、ショップなどによる約60のブースが軒を連ねる。「古着フェス」の仕掛け人DESERTSNOW、大阪発古着店「JAM」、WEGOの3ブランドによるビンテージマーケット、青果店「代官山青果店」、クリエーティブ拠点「TEN10」など。ファッションブランド「beautiful people」は、過去のアーカイブ商品を景品とした「ロボット金魚すくい」を実施。持続可能なものづくりを推進する「EQUALAND-TRUST AND INTIMATE -」は、洋服を生産する過程で生まれた余剰在庫生地を活用した蜜蝋ラップ&バッグの販売などを行う。

 開催時間は12時〜22時30分(時間短縮等の要請があった場合は東京都などの指針に準ずる)。小雨決行・荒天中止。環境配慮の観点からエコバッグやマイボトルなどの持参を呼び掛ける。