都市型青果店「旬八(しゅんぱち)青果店 恵比寿南店」(渋谷区恵比寿南2)が6月28日、恵比寿エリアに初出店する。(シブヤ経済新聞)

 オイシックス・ラ・大地の連結子会社アグリゲート(品川区)が展開する「旬八青果店」は、2013(平成25)年に中目黒に1号店を出店以降、現在7店舗(弁当店含む)を展開している。同社は、住んでいる人・働く人が多く人口密度の高いエリアでありながら食のインフラは「整っているとは考えられず、もっと良くできる」と考え、山手線内エリアを中心とした都心部にこだわって出店を続けている。

 仕入れから販売までを一気通貫する「SPF」と呼ぶビジネスモデルで青果や加工品を販売。青果市場「大田市場」や各地に足を運び、「相対的に高価」なものや不ぞろいなものなど野菜や果物をはじめ、「1カ所の買い物で完結させたい」というニーズに合わせて、契約精肉店が解体から加工までを行う精肉、契約産地でパックされる冷凍肉、冷凍刺し身、フライ、漬けなどの肉・魚などもそろえる。

 ドリンクなど各産地の特産品や、都心のニーズに合わせたパッケージや規格を提案して商品化する農産加工品も扱い、弁当は毎朝調理するという。

 営業時間は10時30分〜19時。今月30日までは全品20%引きとなる開店セールを行う。