大井町にうどん酒場「麦ぼうず」 「串あん」業態変更、日本酒飲み放題も

大井町にうどん酒場「麦ぼうず」 「串あん」業態変更、日本酒飲み放題も

 「ウドンとサカバ 麦ぼうず 大井町総本店」(品川区大井1、TEL 03-5718-7230)が大井町駅近くの大井三ツ又商店街にオープンして2カ月がたった。経営はフードクルーズファクトリー(台東区)。(品川経済新聞)

 「ウドンとサカバ 麦ぼうず 大井町総本店」の2階席

 2014(平成26)年にオープンした居酒屋「串あん」の業態変更。コンセプトについて、店長の奥村敬三さんは「麺類や日本酒など、日頃から気軽に食べているソウルフードとしての日本食に注目した」と説明する。

 物件は2階建てで、1階はカウンターのみ。2階のテーブル席には、竹取物語をイメージした金色の壁紙を取り入れる。店舗面積は16坪。席数は35席。

 フードメニューは、「3回来店しても飽きないように」と品数を「串あん」の2倍にしたという。看板商品のうどんは、タレに絡むよう生の細麺を使う。2人前から注文できる「円居(まどい)つけうどん」(390円〜)は、8種類のつけダレから好みの味を注文し、複数人で分けながら食べるスタイル。タレは「くるみ風味の濃厚ゴマだれ」(450円)や「揚げ佐渡原ナス南蛮」(380円)、ゆず酒を使う「鳳凰美田(ほうおうびでん)のゆずポン酢」(350円)などをそろえる。

 そのほか、うどんにラーメン風のダシを使う「冷やし鴨らーどん」(1,090円)や「串天ぷら」(3種=580円、4種=680円、6種=890円)、「牛タンの炭火あぶり」、「極厚ハムカツ」、「白いだし巻き卵」(以上790円)など。「人参のシリシリ風」(290円)や「焼きネギのおひたし」(390円)などの野菜メニューを盛り合わせた「おばんざい盛り」(2種=580円、3種=980円、4種=1,280円)も。

 ドリンクメニューは、30種類の日本酒を90ミリリットルのワンカップで提供する。「獺祭(だっさい)」(650円)や「黒龍」(390円)、「香取」(450円)など。「タイプ別の日本酒の選び方や用語集など、メニュー表の内容を充実させた」と奥村さん。そのほか「香るエール」や「麦ボール」(以上490円)、レモンサワー(390円)、ジャスミン茶(350円)など。日本酒20種類を含む飲み放題プラン(1時間1,280円)も。客単価は3,000円〜4,000円。

 今後について「蔵元を呼び、試飲や勉強会をするイベントを考えている」と奥村さん。「うどんはもちろん、幅広いメニューと日本酒の組み合わせを満喫して」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時〜翌3時(日曜・祝日は22時30分)。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索