「PASS THE BATON MARKET(パス・ザ・バトン マーケット) Vol.4」が4月23日〜25日、品川駅港南口近くのコクヨ東京品川オフィスビル「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」(港区港南1)で開かれる。主催は、スープ専門店「Soup Stock Tokyo」やセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」を経営するスマイルズ(目黒区)。共催はコクヨ(大阪府)。(品川経済新聞)

 【写真】屋外のイーティングスペース

 新品のまま倉庫で眠っていた製品や規格外品の価値を再発見する同イベント。2019年に東京・京橋で初開催し、以降は場をオンラインに移していた。4回目となる今回は、会場での出店とオンラインでのトークセッションを組み合わせる。

 開催の経緯について、同イベント運営を担当するコクヨの江崎舞さんは「当社はさまざまな社会課題と向き合っていきたいという思いがあり、声を掛けてくれたスマイルズさんの理念に共感した。働く街のイメージが強い品川に豊かな時間が流れるようにしたい」と話す。

 会場には3日間で54のブランドが出店する。金沢の酒造「福光屋」やめんたいこメーカー「ふくや」、アパレルブランド「BEAMS(ビームス)」「UNITED ARROWS LTD. OUTLET(ユナイテッドアローズ アウトレット)」「ALL YOURS(オールユアーズ)」、靴下メーカー「Ayamé(アヤメ)」、雑貨「無印良品 / IDÉE(イデー)」など。

 混雑回避のため、テーブルウェアブランド「yumiko iihoshi porcelain(ユミコ イイホシ ポーセリン)」(24日のみ)、陶磁器やアートポスターを製作する「BIRDS’ WORDS(バーズワーズ)」(24日・25日のみ)への入場は、当日11時に会場内「PARK」で配布する整理券が必要。

 初出店のコクヨは、キャンパスノートを作る過程で発生する余剰分のロール紙「キャンパスロール」(594円)や、文具ブランド「trystrams(トライストラムス)」の販売を終了したペンケース「ペンボードSPREAD」(792円)などをそろえる。カラー変更のため倉庫で眠っていたオフィス家具ブランド「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」の「ミーテイングルームチェア」(メッキ=2万2,500円、ライトイエロー・ホワイトターコイズ=1万7,300円)の数量限定販売も。

 会場内の支払い方法は、交通系ICやクレジットカードなどキャッシュレス決済のみ。

 同イベントでは販売だけでなく、不要になった持ち物の回収プロジェクトも実施する。デニムメーカー「ITONAMI(イトナミ)」は着なくなったデニム素材の衣服や小物などを集め、糸に戻してオリジナル製品を製造予定。「無印良品」は不要になった自社のユニットシェルフやパーツを回収し、メンテナンスして再販売などで活用するという。

 会期中は、トークセッションをユーチューブで無料配信し、場内でもその音声を放送する。全8回、1回当たり約1時間で、テーマは、「これからのものづくり」「生活と消費」「循環とサステナブル」など。出演者は全21人で、作家の朝吹真理子さん、ITONAMI代表でCOOの山脇耀平さん、コクヨ社長の黒田英邦さん、スマイルズ社長の遠山正道さん、ビームス副社長の遠藤恵司さんなど。

 「『THE CAMPUS』には授乳室やオムツ替えスペースなども完備しているので、小さなお子さん連れの来場も大歓迎。街にとって開かれたスペースでありたい」と江崎さん。「来場者の『もったいない』の解決に少しでもつながる機会になれば。今後も参加型イベントを開催していきたい」と意気込む。

 開催時間は、23日・24日=11時〜19時、25日=11時〜18時。入場料300円。新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、入場者の検温・消毒・マスクの着用をお願いする。スタッフはマスクを常時着用。混雑状況に応じて、入場を制限する。

※4月23日 11:30 編集部追記
新型コロナウイルス感染症対策により25日は中止の可能性があります。詳しくは主催者発表をご確認ください。