まぜそば専門店「TOMORROW NEVER NOODLES(トゥモローネバーヌードルス)」(品川区西五反田1)が5月14日、西五反田の山手通り沿いにオープンした。運営はエンドレスジャーニー(東五反田1)。(品川経済新聞)

 「TOMORROW NEVER NOODLES」店内

 2020年に開店したラーメン店「麺屋 彩音(サイン)」(西五反田2)の系列店で、同社の新業態。「真鯛らーめん 麺魚 五反田店」跡を改装した。店舗面積は20坪。席数はカウンターのみ12席。

 店主の畠山央至さんは「約2年前から五反田でラーメン業態の多店舗展開を考えていた。『彩音』とは方向性が異なるがっつりした味わいを提供したいと最終的にまぜそばを選んだ」と話す。店名は畠山さんの好きなバンドでMr.children(ミスターチルドレン)の曲名に由来する。

 看板メニューのまぜそば(1,000円、味玉付き=1,150円、特製=1,400円)は4種類を用意。「地鶏まぜそば」「親鶏まぜそば」には2種類の鶏油(チーユ)を使い、具として揚げた鶏皮などをのせる。「牛まぜそば」には牛脂にマイタケの香りを移した香味油を使い、フライドオニオンなどをのせる。「塩豚まぜそば」にはシシトウやニンニクの芽をトッピングする。麺は三河屋製麺製。「やや太めで水分量は少なめ。少し縮れていてたれが絡みやすい」と畠山さん。

 サイドメニューには、「鶏三色丼」(600円)、「卵かけご飯」(350円)、ネギ丼(300円)をそろえる。トッピングは「自家製タルタルソース」(200円)、「自家製食べるラー油」(150円)などを用意。ドリンクは瓶ビール(550円)、「すだちハイボール」、クラフトビール(以上600円)などを提供する。

 「五反田で10年ほど飲食事業を続けてきた。既存客の応援もある」と畠山さん。「ファンが多いラーメンの利を生かしながら、新鮮さや面白さを感じてもらえる一杯を提供していきたい」と話す。

 営業時間は、昼=11時00分〜14時30分、夜=18時〜20時30分(水曜・土曜は昼のみ)。