オープン1周年を迎えた立川の複合施設「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」(立川市緑町)で4月11日、延期されていたオープニング記念公演が1年越しで実現し、快晴の日曜に多くの家族連れなどでにぎわった。(立川経済新聞)

 【写真】ステージガーデン周辺にはキッチンカーも

 公演は2020年4月12日に予定されていたオープニング記念公演「THE PIANIST “SPECIAL”−辻井伸行 加古隆 レ・フレール−」の振替公演で、コロナ禍により1年延期されたもの。

 会場の「TACHIKAWA STAGE GARDEN(立川ステージガーデン)」初のフルキャパシティー(2500人)での開催となった。当日はホール2階席後方のスライディングウオールを開放。屋外ステージや芝生広場からも演奏を聴くことができ、施設内各所のスピーカーからもホールの演奏が流れた。

 同施設のコンセプト「心にもからだにも健康的なライフスタイル、ウェルビーイング」をテーマにしたイベント「TACHIKAWA LOPPIS(タチカワロッピス)」も同時開催。

 近隣のIKEA立川とも連携し、「ウェルビーイング先進国」北欧諸国の雑貨などのマルシェや、フィンランド大使館によるトークショーのほか、同施設内テナントやキッチンカーのテークアウトメニューを楽しめるフィーカ(fika)タイムも設けた。

 家族3人で訪れていた国分寺市在住の安中繁さんは「土曜の昼下がりに思い立ち、街区内の『ソラノホテル24時間ステイ』を利用し、夕方のプール、夜の街の散歩、朝一番のプール、芝生遊び、オープン空間でのビールや音楽など、1周年の週末を楽しんだ。夫とも『まるでニューヨークのクイーンズで味わった公園でのひとときのようだね』と。たくさんの人が集い、思い思いにリラックスした表情でゆったりと過ごしている場所が身近にあるのが幸せ」と話す。

 同施設では4月29日〜5月1日にも、「立川がALOHAでつながる3日間」として、ハワイアンステージやハワイアンマーケットの催しが開かれる。