高田馬場駅前の喫煙スポットが改装工事へ 新宿区が受動喫煙防止をさらに促進

高田馬場駅前の喫煙スポットが改装工事へ 新宿区が受動喫煙防止をさらに促進

 新宿区役所が1月20日、高田馬場駅前ロータリーにある「高田馬場駅前喫煙スポット」(新宿区高田馬場1)の改装工事を始めた。(高田馬場経済新聞)

 改装工事期間中に設置している仮設喫煙所

 新宿区は区内全域を路上喫煙禁止にしており、同時に8つの喫煙スポット(新宿区路上喫煙禁止除外場所)を設置している。これまで「新宿駅東口喫煙スポット」や「新宿駅東南口高架下喫煙スポット」(以上、新宿3)、「西武新宿駅前喫煙スポット」(歌舞伎町1)などの改装を行い、喫煙スポットを整備してきた。

 今回の高田馬場駅前喫煙スポットの改装では、分煙効果を高めるため喫煙スポットをこれまでよりも高い分煙パネルで囲い、改装前よりも煙が外に逃げにくいようにすると同時に、喫煙する人が喫煙スポットからあふれていた状況を考慮しスペースを広げることで、受動喫煙防止を促進する。

 改装工事の期間中は、これまでの喫煙スポットの南側に仮設喫煙所を設置している。このほかに高田馬場駅周辺では、たばこ店「タバコショップ ユウブン」(高田馬場2)、「中川商店」(高田馬場4)の敷地内に喫煙所がある。

 喫煙スポットを管理する新宿区ごみ減量リサイクル課は「新宿区は区外からの来街者が多いエリア。たばこを吸う人も、吸わない人もお互いに心地よい環境をつくることを目標としており、今回の改装工事もその一環で実施している。多くの方に、区内分煙に理解と協力をいただければ」と呼び掛ける。

 改装工事は3月15日まで。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索