新型コロナウイルス感染者の入院病床確保を巡り、県は17日、感染者が隔離期間後に入院してコロナ以外の病気の治療を受ける「後方支援病院」を、感染症指定医療機関や協力医療機関を除く医療機関で確保する方針を示した。回復後すぐに後方支援病院に転院し、コロナ対応病床の空きを確保する仕組みを整えることで、変異株疑いの急増や今後の感染急拡大に備える。