マスク着用など新型コロナウイルス感染対策が続く中、県内では熱中症に注意が必要な季節を迎えた。宮崎市内の小学校では昨年の経験も生かして、コロナ対策と熱中症予防の両立に向けた取り組みを開始。一方、外出の自粛が求められ自宅で過ごす時間が長引く傾向にある高齢者は、異変が起きても発見が遅れる可能性があり、地域で見守る民生委員は警戒を強める。