「投資INSIDE-OUT」〜語られざる投資の真実〜では、マーケットでは知られているもののハッキリとは語られない、でも投資をする上で大切なことを考えていきます。

期待剥落で「半値八掛け二割引」以下も・・・

4月20日の米国株式市場で、動画配信サービスのネットフリックスが前日比▲35.1%の226.19ドルに急落しました。

同社株はコロナ禍による「巣ごもり需要」の拡大を背景に、2021年11月の取引時間中に一時約701ドルの高値をつけていました。年明け以降は、有料契約者数の伸び悩みを受けて1月21日に500ドルを下回り、その後は300〜400ドル台で推移していました。19日発表の四半期決算で1-3月期の有料契約者数が▲20万人と10年半ぶりに減少したことが嫌気され、売りが加速しました。

こうしたなか思い出された「古典的な」相場格言が「半値八掛け二割引」です。これは問屋などで売れ残り品の値引きの目安とされていたものです。株式市場でも「天井(最高値)を付け、下げ局面に入った銘柄の底値」の目途として使われることもありますが、特段の「理屈」や「根拠」があるわけではありません!

0.5(半値)×0.8(八掛け)×0.8(二割引)=0.32とは、最高値から1/3程度まで下げたら「値ごろ感」がでるというだけのことです。ネットフリックスでは、高値の701ドル×0.32=224.32ドルで20日急落時の株価と同程度となり、26日終値は200ドルを割り込み更に「一割引き」となりました。

米金融引き締めが鮮明となる中、ハイテク株中心に高PER(株価収益率)のグロース(成長)株の下落が続いています。

ハイテク株の女王と称されるキャシー・ウッド氏は、「破壊的イノベーション」による成長が期待される銘柄群※は、「千載一遇」の投資チャンスだとしています。株価の「値ごろ感」から一先ず下げ止まりかとの期待はあるものの、期待が剥落した銘柄については反発も限定的になりそうです。

※EV(電気自動車)のテスラ、隔離医療のテラドック・ヘルス、動画配信機器のロク、ビデオ会議のズーム・ビデオ・コミュニケーションズなど

1月にネットフリックス株を購入したばかりのある米富豪は、今回の急落で500億円程度の損失を出した模様と報道されています。「落ちるナイフをつかむな」との格言があることも、お忘れなく。

ご留意事項
・当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが投資判断の参考となる情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
・ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
・投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
・投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
・当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
・当資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。
・当資料で使用している各指数に関する著作権等の知的財産権、その他の一切の権利はそれぞれの指数の開発元もしくは公表元に帰属します。

(提供元:三井住友トラスト・アセットマネジメント)