ペットボトル飲料や日用品、光熱費などの値上げが止まらない。少しでもお金があると助かるという人が多いのではないだろうか。もし100万円の臨時収入があったらどうするかを全国の20代〜40代の会社員を対象に調査を行った。

Q1. もし完全に自由に使えるお金が100万円手に入ったらどう使いますか?(普段の生活費は足りているものとする)

家具や家電を買いかえる10.2%
食事や衣類などで贅沢をする11.8%
趣味を充実させる13.2%
旅行する15.8%
貯金する23.2%
投資にまわす(はじめる)16.2%
ローンを繰上返済する5.7%
その他0.3%
わからない3.6%

「貯金する」が23.2%と最多だった。予想通どおりというべきか。それに続くのが16.2%の「投資にまわす(はじめる)」となり、投資をする人が増えていることがうかがえる。「旅行」「趣味」「食事や衣類」に使う人がそのあとに続いた。生活費が足りているという前提での調査だったが、浪費をしないという堅実な結果となっている。

Q1で「投資にまわす(はじめる)」と答えた人に以下の質問をしてみた。

Q2. 投資へはいくらぐらいまわしますか?

10万円未満4.5%
10万円〜20万円未満9.6%
20万円〜30万円未満11.3%
30万円〜40万円未満7.0%
40万円〜50万円未満18.3%
50万円〜60万円未満15.2%
60万円〜70万円未満3.4%
70万円〜80万円未満6.5%
80万円〜90万円未満2.8%
90万円以上19.2%
わからない2.2%

なんと90万円以上の人が最多で19.2%だった。「40万円〜50万円未満」「50万円〜60万円未満」がそれに続いた。かなりまとまった金額を投資にまわす人が多い印象だ。投資への関心の高さがうかがわれる結果となった。

Q1で「貯金する」と答えた人に以下の質問をしてみた。

Q3. 貯金へはいくらぐらいまわしますか?

10万円未満6.6%
10万円〜20万円未満6.8%
20万円〜30万円未満11.0%
30万円〜40万円未満10.4%
40万円〜50万円未満16.8%
50万円〜60万円未満10.8%
60万円〜70万円未満6.6%
70万円〜80万円未満7.4%
80万円〜90万円未満4.4%
90万円以上13.7%
わからない5.5%

こちらも投資と同じく、半分程度もしくはほぼすべてを選択した人が多かった。貯金をする人が多いという予想どおりの結果となった。

Q4. 臨時収入を貯金する最大の目的を教えてください。

住宅取得の準備9.3%
100万円では足りない大きな買い物の準備12.7%
病気や事故などの万が一に備えるため43.2%
子どもの進学などに備えるため27.4%
両親の老後に備えるため7.4%

「病気や事故などの万が一に備えるため」が43.2%と最多だった。「子どもの進学などに備えるため」がそれに続いた。貯金を保険のように、もしものためにしておく人が多いということか。大きな買い物や両親の介護に備える人もいた。

100万円の臨時収入があったら貯金や投資にまわす会社員が多い結果だった。貯金は、もしものためにとしている人が多数を占めた。投資にまわす人は大きな金額を入れる人が比較的多く、投資の浸透をうかがわせる結果となった。

〈あわせて読みたい!〉
コロナウイルスの特別給付金10万円、会社員は何に使った?
給料と手取りは違う!月100万円の給料、手取りはいくら?

(日野りえ)

「お金に関するアンケート」
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:2022年7月
調査対象:全国20〜40代の会社員
有効回答数:2230件