テレビ業界の女性社員は77%が生涯未婚 年収・職業と生涯未婚率の関係

テレビ業界の女性社員は77%が生涯未婚 年収・職業と生涯未婚率の関係

 少子化の原因は若者が結婚しないからだ──それを裏づけるデータがある。総務省の調査によると、50歳時点で一度も結婚したことのない割合を示す「生涯未婚率」は急速に上がっている。1980年までは男女ともに5%未満だったが、1990年代以降に急増。2015年の国勢調査では男性の23.37%(4人に1人)、女性の14.06%(7人に1人)が生涯未婚となっている。

「興味深いのは、職業や年収によって生涯未婚率は大きく変わってくることです」──そう語るのは、ベストセラー『言ってはいけない 残酷すぎる真実』など、数多くの著書を持つ作家の橘玲氏だ。新刊『専業主婦は2億円損をする』でも紹介している職業、年収と結婚の関係を示すデータについて、橘氏に聞いた。

橘:まず「職業」からみていくと、男性の正社員はどの業種でもまんべんなく結婚しているのに対し、女性の正社員の生涯未婚率は、テレビ業界の77%を筆頭に、新聞・出版などマスコミは50%、広告やIT業界も30%以上となっています。また比較的高給で安定しているとされる電力会社やガス会社の女性も3人に1人は結婚していません(2012年総務省統計局「就業構造基本調査」より)。

 都市伝説のように「テレビ局で働く女性は結婚できない」といわれていますが、これは正しいと同時に間違っています。経済的に自立している彼女たちは結婚できないのではなく、結婚しないのです。

──テレビ業界では結婚している女性を探すほうが難しいというのはかなりの衝撃だが、この傾向は「年収」でより鮮明になる。前述の総務省の調査では、未婚率が10%以下(10人に9人は結婚している)は、年収150万円以下の女性と、年収800万円以上の男性で、女性は年収が高いほど、男性は年収が低いほど結婚していない。そして年収1000万円以上の「ハイスペック女子」の未婚率は一気に30%以上に跳ね上がっているのだ。ただし、「この結果をもって、『貧乏な女は結婚し、貧乏な男は結婚できない』とか、『高収入の男は結婚できるのに、高収入の女は結婚できない』と決めつけることはできません」と橘氏はいう。

橘:この数字は45〜54歳の年収別未婚者数の割合なので、結婚するかどうかを決めたのは10〜20年前ということになります。そう考えると、原因と結果はじつは逆で、「年収が低い女性が結婚している」ではなく、「結婚していったんキャリアが切れた女性が年収の低い仕事をしている」のでしょう。またハイスペック女子が結婚できないのではなく、独身のまま仕事を続けてきたから年収が高くなったと考えるのが自然です。

 興味深いのは、年収600万円を境に女性の未婚率が下がり、年収900万円では未婚率16%と、年収1000万円以上の半分以下、年収200万円台の女性と変わらないほど結婚していることです。

 厚生労働省の国民生活基礎調査(2010年)によれば、年収1000万円以上の収入のある世帯は12.0%、18歳未満の児童のいる世帯にかぎれば16.6%と6世帯に1世帯です。

 それに対して国税庁の民間給与実態統計調査結果(2015年)では、サラリーマンの平均年収は男性でも520万円(女性は270万円)、年収1000万円を超える高所得者は男性でも5%程度しかいません。子どものいる6世帯に1世帯が1000万円超の年収があるということは、夫婦ともに一定の収入のある裕福な共働き世帯が増えていることを裏づけています。

 このことは、年収1000万円のひとよりも、年収500万円のひとのほうが圧倒的に多いことから説明できます。先の民間給与実態統計調査結果では、給与収入が年500万円以上は男性で41.1%、女性でも10.5%います。当たり前の話ですが、高収入でハイスペックな男を運よくゲットして専業主婦になるよりも、夫と妻の2人で働いたほうが「世帯収入1000万円」の壁をずっと容易に超えることができるのです。


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索