西日本、北海道へ安く旅行するチャンス 「ふっこう割」活用術

西日本、北海道へ安く旅行するチャンス 「ふっこう割」活用術

 ひと昔前まで、特定の大売り出しやバーゲンでしか、消費者である私たちはお得を享受できなかったが、今はスマホのアプリやSNS発行のクーポン等で、“毎日安く”を実現できる時代になっている。そこで、「ふっこう割」とクーポンを活用した旅の割引活用術を紹介しよう。

 旅行ジャーナリストの橋賀秀紀さんによると、お得に旅するには、格安航空券やクーポンの利用、同じOTA(*注)からレンタカーや宿などの予約をすることがカギと言う。

【*OTA/インターネット上だけで取引を行うオンライン旅行会社でOnline Travel Agentの略】

「楽天トラベルのスーパーセールなどOTAのバーゲンをこまめにチェックし、例えば2万円のホテルが8000円引きやレンタカー1500円など、どこでも使えるクーポンを無料キープするのがおすすめ。登録IDでログインする必要がありますが、クーポン獲得に費用はかかりません。今のタイミングなら平成30年の自然災害で被害を受けた西日本と北海道の2エリアに国の予算で実施されている“ふっこう割”が注目です」(橋賀さん)

「北海道ふっこう割」は、北海道内に宿泊すると最大5割引(1泊につき最大2万円)、周遊型は最大7割引(1名につき最大3.5万円)になる。

「13府県ふっこう周遊割」は、対象の13府県(広島、岡山、鳥取、島根、山口、愛媛、高知、香川、徳島、岐阜、京都〈※京都市内以外〉、兵庫、福岡)内で2泊以上連泊すると、1人1泊あたり岡山・広島・愛媛は最大6000円、それ以外は最大4000円が補助される。

「西日本のふっこう割は旅行者による事後申請も初採用し、ほぼすべての宿で利用可能。神戸や京都市以外の京都、名古屋に近い岐阜なども含まれ、秋以降の観光に活用できそうです」(橋賀さん)

 最後に、ふっこう割に関するQ&Aを紹介しよう。

Q.ふっこう割はいつまで利用できるの?

「北海道ふっこう割」は、2019年2月28日まで。西日本の「13府県ふっこう周遊割」は、2019年1月31日までの宿泊が対象。どちらも、補助の予算がなくなれば期日内でも終了となるので要注意。早めに利用したい。

Q.ふっこう割を利用するにはどうしたらいいの?

 ふっこう割の補助を受けるには、基本的に認定を受けた旅行会社が販売する割引済みの宿泊やツアーに申し込むだけでOK。

「13府県ふっこう周遊割」の場合は、自分で直接宿泊予約をし、支払い後に補助金を申請する方法も。その場合は公式サイトで宿泊予定の府県の申請書類を印刷し、旅行当日に持参。宿に宿泊証明書を記入してもらい、帰宅後に事務局へ郵送することで還付が受けられる。申請方法は府県で異なるので確認をしてほしい。

※女性セブン2018年11月22日号


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索