年金に手をつけずバリバリ働く60代夫婦は大きな間違いを犯している

年金に手をつけずバリバリ働く60代夫婦は大きな間違いを犯している

 老後の命綱である「年金」は、受給者である国民一人ひとりが“オーダーメイド”で受け取り始める時期を決められる。それを知らずに生活しているなら、非常に“もったいない”ことになりかねない。

 都内在住の武田さん夫婦(夫67才、妻66才)は、近所でも有名な「現役夫婦」だ。

「夫は62才の時、それまでずっと勤めてきた産業機械の専門商社を退職しました。でも、“おれはまだ家に引っ込むほど老けてないぞ”なんて言いながら、それまでの人脈とキャリアを生かして、コンサル会社を立ち上げました。“社長だ”なんて威張ってますが、年収はサラリーマン時代の半分以下ですよ(笑い)」(妻の千賀子さん)

 それでも、毎朝スーツを着込んで、得意先に出かけていく姿は頼もしい。年収は300万円ほどだという。千賀子さんが続ける。

「私も建築関係の会社で経理のパートを続けています。子供が独立してからなので、かれこれ25年ぐらい経ちます」

 60代後半の武田さん夫婦は、年金を受給している。ただ、年金は専用の銀行口座に寝かせたままで、一切、手をつけていないという。

「家のローンも終わってますし、退職金もまだ充分にあります。だいぶん減ったとはいえ、夫婦ふたりで慎ましく生活できるほどの収入はありますから、年金に頼らなくても何とかやっていけています」(千賀子さん)

 老後破産なんて無縁。順風満帆なセカンドライフ──そう見えるかもしれないが、「年金博士」こと、ブレインコンサルティングオフィスの北村庄吾さんは「なんてもったいない」と指摘する。

「武田さん夫婦は、生活に困っていないのに年金を受け取っています。でも、もし年金の受給をとりあえずストップしておいて、働けるだけ働いたり、貯金でしのげるだけしのいで、いざ必要になった時点で年金を受け取り始めれば、年金額をグッと増やせることができたんです」

 年金の受給開始年齢は、基本的に65才というルールになっている。ところが、65才時点では請求せず、受け取り始める年齢を遅らせることで年金額を増やせる―─そんな仕組みのことを、年金の「繰り下げ受給」という。

 年金額は受給開始を1か月遅らせるごとに0.7%、1年で8.4%増える。最大5年まで繰り下げられ、70才から受給開始すれば42%もアップする。夫のサラリーマン時代はごく平均的な収入の世帯だった武田さん夫婦がともに、女性の平均寿命(87才)まで生きたと仮定しよう。

 夫婦ふたりが65才で受給を開始すると、生涯で受け取る年金総額は約5424万円だ。ところが、まだまだ現役バリバリでいけそうな武田さん夫婦が70才まで「繰り下げ受給」を選んだとすると、なんと約6028万円も受給できる計算になる。600万円も増えた(表を参照)。

「銀行口座に貯めておいても、利息は微々たるものです。老後資金に余裕がある世帯にとってみれば、年金の『繰り下げ受給』ほど“高利率”の資産運用法は他にはありません」(北村さん)

 必ずしも、武田さん夫婦のように、65才以上も現役でいる必要はない。今日本の60代以上世帯の平均の金融資産は2500万円ほど。それだけの貯蓄があれば、当面は貯金を取り崩しながら、繰り下げ受給して少しずつ増やしていくことも、人生100年時代を生き抜く知恵だろう。

※女性セブン2019年2月28日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索